関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

クラハシユミコ

倉橋由美子

小説家。『パルタイ』でデビュー。
『聖少女』のラスト20ページぐらいは何度読んでも金縛り。

倉橋由美子

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

夏井画像 投稿者:
夏井
  • 2001/11/19登録
  • 2301クリック

このキーワードを共有する

コメント (3)

2001/12/03

先日出版された「あたりまえのこと」(すごい痛快な本,読むべし)のあとがきによると,「もう残された飛行時間がいくばくもないので,小説以外の文章を書くのも発表するのもこれが最後」とおっしゃっています。無念。

2002/03/23

ゆーよ 昨日、書店に立ち寄ったら、倉橋さんの最新刊『よもつひらさか往還』を発見。すかさず、レジに直行。 これから読みます。

2004/03/26

加代どす 加代は「スミヤキストQの冒険」を高校生のときに読んで、えらいびっくりしました。時間も場所もはっきりしないなんて、ええんやろか。 「アマノン国往還記」も好きどすなあ。

つながりキーワード (5)

人名・団体名倉橋由美子

  • (きなり)

いくつかの作家に出会い、ものすごい衝撃を受ける瞬間というものがある。それが特に、思春期といわれる時期に出会った作家なら、なおさらだ。私にとって、倉橋由美子は、そんな存在だった。 その後、筒井...

1960年『パルタイ』でデビューした女流作家。 とても好きな作家の一人なのに 本屋では残酷童話しか置いていないことが殆どで その他の作品を探そうにも 絶版になってしまった...

シェル・シルヴァスタイン  倉橋由美子訳 シェル・シルヴァスタインといえば, 「ぼくを探しに」が有名すぎるほど有名ですが, 私の本棚にあるのはこれ。 ペン画に,数え歌や...

 倉橋由美子の作品は「スミヤキストQの冒険」以来、一種の前衛を気取る高校生のイメージ(といっても、もちろんそれは私個人の生育環境に負ったものであって作家自身のせいであるは...

人名・団体名須賀敦子

  • (shino.f)

1929-1998 エッセイスト・イタリア文学研究家・上智大学比較文学科教授など イタリア文学を日本語に翻訳したり、逆に日本文学(川端康成、安部公房、谷崎順一郎など)をイタリア語に翻訳して紹...

携帯でこのページにアクセス

倉橋由美子

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10144

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ