関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

カワカミヒロミ

川上弘美

やわらかくてあたたかくて、すてきな色が広がる世界のお話を書いてくれる作家さんです。
なにがおきても淡々とのみこんでいく視点が気持ち良いです。
「蛇を踏む」「神様」「物語が、始まる」「いとしい」「椰子・椰子」「溺レる」など。

川上弘美

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

かりん画像 投稿者:
かりん
  • 2001/11/19登録
  • 1946クリック

このキーワードを共有する

コメント (4)

2001/11/19

お,川上さんだ。昔よくASAHIネットの宴会とかで御一緒しました。屋形船に句会もやったな,懐かしいっす。

かりん うわっ。うらやましいです。この方のことばはやわらかくてすきです。

なんちゅうか,文章どおりのヒトです。静かにニコニコしてる。

2001/11/20

かりん あ。そんなイメージです*うらやましいなぁぁ。

つながりキーワード (2)

雑誌ku:nel

  • (kitti*kattie)

ku:nel という名前もなんだかかわいい雑誌が最近は気になってbookstoreで見かけると飽きずにそればかりページを繰っている今日このごろ  素朴で落ち着いてそれで...

書籍神様

  • (ゆーよ)

「四季おりおりに現れる不思議な「生き物」たちとのうららでせつない9の物語。」 川上弘美作。 1998年中央公論社刊。

携帯でこのページにアクセス

川上弘美

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10202

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ