関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

まーじゃんほうろうき

「麻雀放浪記」

  • 「麻雀放浪記」の画像

 
 言わずと知れた(と,思うが最近はサイバラ本の方が有名だったりする……ちょっと悲しい)阿佐田哲也の傑作ピカレスク・ロマン。和田誠監督の映画は全4巻あるこの物語の1巻の部分だけを描いたもの。あれが面白かったヒトには是非とも全巻読破していただきたい。ともすればレジャーみたいに扱われている博打というものの真実が分かるはず。短期間とは言え雀ボーイやって食ってたオレが言うんだから間違いない。
 
 これも「まだ読んだことのないヤツがうらやましい本」シリーズのひとつだな。現在でも角川文庫で入手可能だ,嬉しい。
 
青春編:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
風雲編:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
激闘編:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
番外編:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...

「麻雀放浪記」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • 価格: 4巻揃えて
  • 発売元: 角川文庫
  • 人名: 阿佐田哲也(色川武大)
  • 2006/04/27更新
  • 2001/11/19登録
  • 6181クリック

このキーワードを共有する

コメント (9)

最新コメント5件

2001/11/20

阿佐田名義では博打小説を,色川名義では純文学を,という分け方だったらしいんだけど,色川名義でも如実にアウトロー色が……(笑)。生前,一度だけ銀座ですれ違ったことがあって,しばらく仲間に自慢してました (自慢になるのか) 。

bibibi バリバリ自慢になるよ。でも、何で後ろから羽交い締めしなかったの? あっ、犯罪になりるか。

いや,既に連れ二名に両脇から支えられて歩いてらっしゃいました(笑)。

2001/11/25

おが 雀鬼じゃないけど、当然読んでるざんす。しかし「あさだてつや」っていいペンネームだと思うなぁ

2002/01/03

don おお、懐かしき麻雀放浪記。文庫本で四巻全部読みました。阿佐田哲也が作り出す独特の世界観というか雰囲気に魅せられた中坊時代でした。

つながりキーワード (17)

和田 誠監督/阿佐田哲也原作。 加賀まりこの牌さばきが…。 でも出目徳と女衒の達のキャスティングで相殺。 これ観ると、やっぱ1巻が一番面白かったんだなあ、と しみじみ...

和田誠監督の1984年作品。実は中学生の頃、この映画の世界に憧れて麻雀をおぼえました。戦後の混乱期にうごめく博打うちの世界をストイックなモノクローム映像で描いた日本映画で...

   正直に言うと,これをいつから持っているのか,どういう経緯で私が持っているのかについて記憶がないのである。確かなことは,    1) 私は自分で麻雀牌を買ったことは一...

点5のフリー雀荘で連日ファイト!できるだけいろんな雀荘に行って緊張感を持続しています。オススメは秋葉原「まーじゃんぱらだいす」。店員さんのきめの細かいサービスは、筆舌に尽くし難し。フリー客も...

「家庭玄人」の憧れのアイテム。 一人暮らしの6畳1間だけど、欲しい・・・。 毎回、フジテレビ放送の「われめDEポン!」では、優勝者予想を送っております。 実際当たったら...

人名・団体名阿佐田哲也

  • (づら丼)

初めて知ったのは和田誠さんの監督作品「麻雀放浪記」だった。 文庫本でも読んだ。 麻雀を知らない僕でも十分に楽しめた。 それから麻雀も覚え、 本も読み漁った。 その頃の夢は...

コナミから発売されている、ゲームセンター用の麻雀ゲーム。 ゲームセンター用の麻雀ゲームとしては珍しい、脱衣無しの麻雀ゲームである。では何が面白いかというと、ゲームセンターで初めての4人対戦が...

阿佐田哲也・色川武大全集を読んで以来の大ファンです。 前向きな人生論や、プラス思考を推奨する本が多い中、「人生そんなに前向きに生きなくてもいいんだよ」というメッセージにはほっとします。

   麻雀で言う聴牌(テンパイ)というのは「もう一枚来れば和了」という状態のことであり,勝ち負けには関係ありません。そうなっても和了できないことは多々ありますし,そもそも...

   1981~84年,「近代麻雀オリジナル」に連載,かわぐちかいじ竹書房時代 (笑) の傑作である。阿佐田哲也,小島武夫,古川凱章ら実在の人物をモデルにした麻雀界の動向...

かなりイカガワシイものばかりの、麻雀劇画界に彗星のごとく飛び出した漫画。 まぁ、麻雀劇画らしい「おれの女を賭けてショーブだ!」みたいな悲壮感はまったくない。淡々と相手の...

片山まさゆきのキャラクター達と、麻雀を打つことができるゲーム。PlayStation2専用のソフトとして2001年の4月ごろに発売されたのだが、どうしてPS2にしないとい...

   つげ義春の弟で,兄とはまた違う作風で根強いファン (というのはオレのことだけど) が多い つげ忠男の1985年に刊行された短編集。    なかでも竹書房発行の「近代...

人名・団体名西原理恵子

  • (大塚孝)

人生を一本背負い。でも死なない。来るなら来んかい!猪突猛進当たって砕け散っちゃるわい! なんて声が聞こえてきそうな人生です、この人。

人名・団体名サイバラ祭

  • (ぬほりん)

なにやら「西原理恵子・大ブレイクへの道」というイベントも兼ねたキャンペーン。「西原理恵子の人生一年生」というムックを買ったけど、中身はかなり濃い。限定通信販売のオリジナル...

TVゲーム麻雀

  • (mine)

中国の風水に「龍脈」という概念がある。 四方の方角にまたがって流れるその脈を見出したものは天下を手に入れるといわれた。古代の王たちは皆こぞってこの龍脈を見つけようと躍起に...

アート和田誠

  • (披露 ことみ)

うむぅ~、アーティストって感じじゃないんだけど。 まぁエンターテイメントでもないし、こっちかな? 今のピースライトの前にハイライトを愛煙していたので思い入れはヒトシオ。 阿佐田哲也の原作も好...

携帯でこのページにアクセス

「麻雀放浪記」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10229

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ