関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

アラン・チューリング

アラン・チューリング

  • アラン・チューリングの画像

 人工知能(AI)の先駆者で有名な英国の数学者アラン・チューリングは,1954年6月にわずか41歳でこの世を去った。しかし,この短い生涯の中で,彼は人間の脳に近いモデルに基づいたコンピューターや,生物成長の化学をシミュレートする研究など今日盛んに研究されている分野に既に着手していた。
 こういう素晴らしい業績を上げながら,チューリングは自分のアイデアを公表することにあまり関心がなかったので,彼の仕事の重要な側面が長い間無視されたり,忘れられたりしてしまった。特に,コンピューターに造詣の深い人ですら,彼がいわゆるコネクショニズムやニューロンによる計算を予期していた事をほとんど知らない。
 「ハイパー計算」という分野の革新的な理論概念を生みだしたことも無視されている。専門家によると,ハイパーコンピューターはこれまで解けないとされてきた問題をいつの日か解いてしまうらしい。
 チューリングは研究の途中で毒物で命を絶ったらしい。それから何十年もたった今日でも,これらの興味深い遺筆の意味は十分には解明されていない。

アラン・チューリング

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

quro画像 投稿者:
quro
  • 2001/11/19登録
  • 7184クリック

このキーワードを共有する

コメント (5)

2001/11/19

おが 彼がゲイで当時のイギリスではそれはまったく社会から受け入れられなかったこと、当時のイギリス政府から「暗号の秘密を守るためには投獄してしまえ!」という政策を取られたこと、などいろいろな要素がこの人を報われていない人にさせているんでしょうねぇ

quro きっと説明してもわらんちんばっかだったんでしょうな周りが、いやぁ~そっちの方も深く入りこんでたんでしょうか常人とは方向性を異にする精神世界、何故天才にはゲイが多いのでしょうか、ウォーホルしかり、あと誰だっけ?・・・(笑

2002/08/31

いづみ33 チューリングテストの概念は一時期人工知能の判定基準として大いにもてはやされましたが、最近は低レベルでの判断基準の一つでしかないと考えられるようになってしまいましたね。

quro ちょっとお名前拝借程度のものではなかったかと・・・

素浪人 おお。チューリングの顔、はじめてみました。拙者が大学生の頃、ちょうど「第五世代コンピュータ」(笑)が話題になっていて、人工知能に興味があり、よく関連書などを読みました。

つながりキーワード (31)

Murray Shanahan “The Technological Singularity” (The MIT Press Essential Knowledge se...

 本書の著者は、東京大学大学院工学系研究科 准教授の松尾豊氏である。松尾氏が、日本における「人工知能の(若き?)権威」であることは言うまでもない。  その松尾氏が、人工...

『WIRED VOL.20 (GQ JAPAN 2016年1月号増刊) / 特集 A.I.(人工知能)』 《雑誌 – 2015/12/1》と時季をほぼ同じくして、『現代思...

年末年始は、毎年、猥雑な世間を離れて南の島でノンビリ過ごすことにしている。 今年は、久しぶりにクリスマスから日本の「成人の日」までの間を休暇に充てた。 この間、ネットの...

計算の理論を仮想的なモデルなどではなく 現実に普及したプログラム言語であるC言語をもちいて明瞭かつ正確に解説したという 教科書/参考書。 ---------------...

ハンガリー出身の数学者(1913~1996)。 「数学者は変わった人間が多い」という 本質にも近い偏見がよく似合う人物です。 彼は優れた数学者であるということよりも、 ...

ナノテクが極端に発達した上海に住むビクトリア朝様式の人々の物語。というと訳がわからないです。 前作「スノー・クラッシュ」のフランチャイズ人工部族国家の世界をさらに進歩さ...

コンピュータTuring Machine

  • (カオナシ)

まぁ、なんとLEGO社MindStormsで組み立てられた Turing Machineがありました。 ↓がそれです(笑)

   手に取る者を思わずヒかせる4,200円という価格,500ページを超える厚さ……。しかしそれに見合うだけの知的興奮を味わえる本である。    デカルトの有名な言葉を引...

書籍情報学事典

  • (パサージュ)

当代最高の智の集積。   情報メディア(北川高嗣)、情報基礎(西垣通)、情報文化(吉見俊哉)、情報生命(米本昌平)、情報法(浜田純一)、情報経済(須藤修)の6分野のトッ...

『フェルマーの最終定理』の作者サイモン・シンの第二著作。内容は、題名通り、暗号について追ったもの。 いや、面白かった。イギリス・ビクトリア王朝時代のメアリー王女の悲劇に関する暗号から、第二...

電化製品ENIGMA暗号

  • (芹沢文書)

獨逸第三帝国の誇る機械式暗号機。 非常に複雑かつ精密な装置で、実に10000000000000000(1京)通り以上の組み合わせ可能性を持ち、絶対に破られないと思われた(結局解読されるわけだ...

月刊アスキー連載(私は知りませんでした)に大幅加筆・修正を加えまとめたもので、大変いい本でした。チューリングの研究が簡潔ながら丁寧に記されています。形態形成の分野での業績...

 ある機械が「知能」を持つか否かを判定するテスト。 壁の向こうの相手に質問を繰返し、返ってくる答えから相手が人間であるか機械であるか判別できないとき、その機械は「知能」を...

黒崎政男氏著。現在のコンピュータの発展の状況と哲学的考察から、人工知能とは何か、アンドロイドは何かという問題に取り組んだ書。著者の東大教養学部での講義内容に加筆修正したモ...

おもちゃ・ゲームAIBO

  • (いづみ33)

日本が世界に誇るおもちゃ。初期バージョンは25万円していたものが、最近では10万円を切るものも出てきているとか。 自立型ロボットとされているが、とらえ方によって知的に振...

書籍暗号解読

  • (未有音)

「わかった! オレにもエニグマ暗号が解ける!」と思わせる、ある意味ヤバい本。 暗号という、難しいテーマの本なのに誰でも(私でも)読めてしまう。それほどにこの本の「わかる...

MITの人工知能研究所初代所長である、マーヴィン・ミンスキー著。A.I(人工知能)という概念が、あまり現実味を帯びなくなってしまった今では、少々古くさい本に写るかもしれま...

パラノイア大好きな荒俣宏が世界の奇人を集めた作品。 ・南方熊楠と仲間たち ・海の向こうのエキセントリック   ホーキング、ウィリアム・ブレイク、ピーター・ウィトキン、チャ...

当時この作品の評価は真っ二つに分かれた、傑作だ!いや駄作だ、なぜこんな作品にヒューゴー賞、ネビュラ賞をやるんだ、今となっては後者の方の方が株を下げた状態になったのは趣致の...

携帯でこのページにアクセス

アラン・チューリング

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10247

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ