関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

いぬはほえるがきゃらばんはすすむ

小沢健二『犬は吠えるがキャラバンは進む』

  • 小沢健二『犬は吠えるがキャラバンは進む』の画像

ジョン・レノンでいえば『ジョンの魂』に当たるアルバム。
バンド解散後の1stソロアルバムということや、ざっくりとした音の感触だけでなく、「過去との決別」「覚醒」という点でも近いアルバムだと思う。90年代の日本で、ここまで「覚醒」した音を鳴らした人はいなかったんじゃないかなあ。
私の場合、外で聴くと風景の輪郭がくっきりしてくるし、部屋で聴くと心がはっきりしてくる、内と外、両方に効く音楽です。
ライナーの小沢本人による文章も必読です。私が芥川賞の銓衡委員だったら、この文章だけで芥川賞あげるんだけど……。

小沢健二『犬は吠えるがキャラバンは進む』

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
ふ。
詳細情報
  • 人名: 小沢健二
  • 2001/11/21更新
  • 2001/11/20登録
  • 4776クリック

このキーワードを共有する

コメント (7)

最新コメント5件

2001/12/20

ふ。 来年の2月27日にいよいよ新作がでるみたいですね。四年ぶり。

2002/01/19

優哉 "天使たちのシーン"はありえないほど美しいと思う。

2002/02/18

mao 最新フォトを見ました。顔が、顔が丸く...

2003/02/21

Lucy 「ライナーの小沢本人による文章も必読です。」実にその通り!本当にこのひとはすごいです。

2003/09/28

さいもん 「ライナーの小沢本人による文章」庄司薫を思わせるものがあります。同じ東大卒でもあります。

つながりキーワード (13)

1993年・秋に発売された小沢健二のファーストアルバム。 部屋の中でヘッドフォンであえて聴く。 このアルバムはメロディとリリックのバランスが非常に心地よい。 メロディ...

発表当時は「尾崎豊みたい‥」と敬遠しちゃったけど、じわじわ好きになって、今はベスト。 クライマックスは13分の大作「天使たちのシーン」。目を閉じると風景が浮かんで、力強い...

ルースターズのベーシストとしてデビュー。1984年に脱退後,後に「早すぎたシブヤ系(死語)」と呼ばれるブルー・トニックを結成,そこそこの支持を集める。バンド解散後は,セッション・ミュージシャ...

♪いつだって 可笑しいほど 誰もが誰か  愛し愛されて生きるのさ  それだけが ただ僕らを  悩める時にも  未来の世界へ  連れてく~♪ 今日、頭のなかで鳴り続けてい...

2001年9月にイギリスでリリースされたアルバム"CorKyees"ではブリストルの匂いを漂わせ、英国のプレスに高い評価を得ていた彼等だが、最近はTrance,Dubへの...

長い沈黙を破ってオザケンこと小沢君が放つニューアルバム。 2/27発売らしい。 新宿のヴァージンメガストアに試聴盤が入ってて4曲ほど聴けましたがなぜか「ブギーバック」収録! 発売が楽しみなの...

なんか....待ちました。 4年以上....ですかねぇ。球体の奏でる音楽からだと。 今回は12曲。たっぷり入ってます。 #で、なんでブギーバッグが入ってるの??

おもいっきりフリッパーズにかぶれていた僕は、最初「犬は吠えるが~」が出たときは、へけけ、と薄ら笑いを浮かべていたものだけど、しばらくすると彼の偉大さがジワジワとわかり、いまや「犬は吠えるが~...

人名・団体名Flipper's Guitar

  • (コグレ)

89年結成、91年解散。前身はLollipop Sonicという5人組。デビューと同時にFlipper's Guitarに。ネオアコースティックブームの火付け役(だったと思う)。 なんだか...

97-8年頃放送されたJ-WAVEの番組。土曜夜8時からの45分番組、提供ASTELだったような。小沢健二がトークの相方+週代わりの選曲者連れでやってました。 なにげなく聞いていたこの番組で...

ノンカテゴリーMy名盤

  • (solar)

 すでにほかの人が挙げているCDやレコードで、ぼく自身も大好きなアルバムや曲をリンクしてみました。だれも挙げていないものは、自分で自分の書いたコメントにリンクする予定。

いきなり一曲目のMotherで始まるJohn Lennonのファーストソロアルバム。通称じょんたま。 このアルバムはBGMとしては絶対に聴けない。できれば、夜に部屋の明...

人名・団体名小沢健二

  • (田中アップル)

長らく沈黙を続けてきたオザケンですが、何やら来年にはニューアルバムをリリースするとのこと。アルバム毎に音楽性を微妙に変えてきましたが、今度のアルバムではどんなメロディーを奏でてくれるのだろう...

携帯でこのページにアクセス

小沢健二『犬は吠えるがキャラバンは進む』

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10552

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ