関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ディレクターズ・カンパニー

ディレクターズ・カンパニー

ディレクターズ・カンパニー略してディレカン。
高橋伴明の『TATTOOあり』
長谷川和彦の『太陽を盗んだ男』←最近DVD化されたらしい。
根岸吉太郎(日活時代のキャバレー日記は名作っす)ほか、制作費1000万で作った映画の面白いこと。
ATG以降のアングラ日本映画ってとこけ。

ディレクターズ・カンパニー

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

bibibi画像 投稿者:
bibibi
詳細情報
  • 年(代): 1970年代から80年代にかけて
  • 2001/11/20更新
  • 2001/11/20登録
  • 3086クリック

このキーワードを共有する

コメント (16)

最新コメント5件

2001/11/20

bibibi こそっと直しておきました。シィーっ、秘密だよん。

あ,直されてしまうとオレが最初に間違えたみたいではないか(笑)。

mic007 ワシは良くべさんに直される。エヘン。(ボケ字、脱字)

bibibi だからキーワードの感想も編集システムが必要だっつーの。技術係さん。(ってBBSに書けよ)

mic007 正されたい年頃...なのね。 ♪あなたが望むなら、私何をされてもいいワ~ ♪ (百恵)

つながりキーワード (2)

長谷川和彦監督の邦画娯楽大作! もとは『笑う原爆』というタイトルにする予定だったとか。 狂人がバスジャックして「陛下に会わせろ」と要求する最初の場面から怒涛の展開。でもハ...

1961年の創立以来、様々な映画作品を世に送って来たATG(アート・シアター・ギルド)。 その「功罪」はともかくも、小予算でありながら、芸術本位で作り上げられた映画を制作...

携帯でこのページにアクセス

ディレクターズ・カンパニー

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10584

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ