関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

Pictures at an Exhibition

展覧会の絵

  • 展覧会の絵の画像

EL&P 名作中の名作。とにかくワイルドなオルガンプレイが最高。最後のオルガンぶっ壊しプレイのハウリングがベース音になっての盛り上がりも凄い。最初のパイプオルガンから通常のプレイまでにドラムのロールが入っているのは、Emersion がパイプオルガンのところからバンドの所定位置まで移動中のため。

展覧会の絵

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

すぎ画像 投稿者:
すぎ
詳細情報
  • 年(代): 1972年
  • 2001/11/20登録
  • 3369クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2001/11/20

TEST4ECHO 高校の時、音楽の授業で先生が、『今日は、展覧会の絵を聴きます。でもクラシックだとみんな真面目に聴かないので...』といって、ELPのこれを掛けた。おかげで音楽室は大興奮(一部の生徒のみ)。う~ん、よく出来た先生だった。

すぎ ぬははは。僕の音楽の先生は超クラシック派だったので、これは音楽じゃない!と怒っていた。

つながりキーワード (14)

「裏メニュー」という言葉がある。 所謂、「通好みには堪らない逸品」という意味を持つ。 本CDは、日本クラシック界のトップ奏者で結成された弦楽四重奏団 MORGAUA Q...

チェリビダッケ&ミュンヘンフィルの展覧会の絵。 この演奏の特徴は、とにかく遅い。こんなに遅くて大丈夫なのかと思うぐらい遅いんだけど、遅いからこそ、細部が際立つ演奏。演奏...

人名・団体名Keith Emerson

  • (落とし穴)

彼は恐怖映画が好き(特にダリオ・アルジェント監督の)。 そのためか彼の作曲した映画音楽は、恐怖映画が多い。 「インフェルノ」「ザ・チャーチ(デモンズ3)」等々…

最近購入した CD の中から、WORKING LIVE - Volume 1 / CARL PALMER を紹介。 EL&P のカールパーマーがスタートさせたソロユニッ...

レコードでは持っていたが、CDで存在するとは知らなかったので、即購入。理由は簡単、キースエマーソンの「光の天使」が聴きたかったからだ。いいねー。 iTunes でタイト...

ロシアの作曲家ムソルグスキー作曲のピアノ曲。彼の友人ハルトマンが死去し、その遺作展に展示された絵画に着想をえて製作された。絵画に相当する10曲の間を冒頭に示されるプロムナ...

EL&Pのレコード。ジャケットデザインは後にエイリアンのデザインをするギーガーだ。 しかし、「恐怖の頭脳改革」という邦題は... 1973年

2001年12月19日にリリース予定の EL&P オフィシャルブートレッグセット。計15枚の2組のボックスセットで販売。 音質は悪いだろうが、危険な演奏が聴けるかも。個人的には音源よりも映...

世界最高峰のスーパーキーボーディスト。高度なテクニックもさることながら、非常にワイルドなオルガンプレイ、ロックにシンセサイザーをとりいれたアプローチ、すべてがショッキング...

人名・団体名The Nice

  • (すぎ)

EL&P のキーボーディスト、Keith Emerson が EL&P 結成前に在籍していたバンド。3年ほどしか活動していなかったのにもかかわらず、ブートレッグ含めて多数...

Carl Palmer / Keith Emerson に Robaert Berry を入れた EL&P の魂を持つポップグループ。ポップなくせに組曲が入っているあたり...

キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエス、ムーディ・ブルースといったプログレッシヴ・ロックの潮流の中で、「ルックスの格好良さ」を合わせ持ったバンドが、この「エマーソン...

映画「幻魔大戦」のサントラは貴重です。CD化されてませんよね。Emerson Lake & Palmer の Keith Emerson がプロデュースしてます。メインテーマの曲もいい!

エイジアで忙しかった Palmer のかわりに Cozy Powell が加入した EL&P 。僕が高校生の頃に発売されたリアルタイム作品。当時、Korg Poly800...

携帯でこのページにアクセス

展覧会の絵

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10608

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ