関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

カルイザワシンドローム

軽井沢シンドローム

  • 軽井沢シンドロームの画像

1981年からビッグコミックスピリッツで連載していたたがみよしひさ著のコミック。巧妙なセリフの言い回しや刺激的なストーリー、それに三頭身キャラのかわいさにすっかりイカレてしまった。
テレビドラマは制作途中で死亡事故が発生し中断、その後アニメになったがいまひとつ、現在続編のコミックが噂されている。

軽井沢シンドローム

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

ぬほりん画像 投稿者:
ぬほりん
詳細情報
  • 人名: たがみよしひさ
  • 2001/11/20登録
  • 6381クリック

このキーワードを共有する

コメント (22)

最新コメント5件

2002/12/11

ひろべ ↑のyomeさんが言っているのは「YUMIKO」とうい短編です。

2003/04/29

信生(ほい!) 収拾つかなくなったか?<連載休止

ぬほりん ここにも白いワニが...(笑)

2003/07/06

You.T. 確か耕平が堤大二郎で純生が林家こぶ平でしたよね?

2003/07/07

ぬほりん ドラマ版の配役ですね?こぶ平は覚えてるけど、他は失念だにゃ(笑)。

つながりキーワード (10)

「お還り、耕平。」 耕平が、還って来た。 ボクの憧れのアニキだった、相沢耕平が還って来た。 鮮烈に、耕平らしく。 帰還の地がL.A.だと言うのも納得。 ただ...

アニメ・キャラクターコミック

  • (「かい」)

昔から漫画がとても好きだ。映画やSF系の単行本も良く見るが、最近でも漫画喫茶に入り浸るのを始め、どうもコミックスには縁が切れそうにない… 好きな作品の傾向は、基本的に劇画...

漫画家たがみよしひさの名作。 20年ぐらい前の漫画で、当時ビッグコミックスピリッツに掲載されていた。 今読み返しても面白い。

漫画NervousBreakdown

  • (猫旦那)

たがみよしひさ氏の書いたマンガ。高校の頃友達の勧めで読んだのですが、大当たりでした。たがみさんの作品は今でもいくつか持ってますが、今までの作品の中ではやはりなーばすが一番でした。 それぞれ...

 たがみよしひさの代表作、「軽井沢シンドローム」(1986年)の続編。  話の中心は前作の主人公の息子の世代が中心となるのだが、前作をほぼリアルタイムで読んでいた人間である僕にとっては前作の...

「AKIRA」(大友克洋作)の何が一番好きかっていうと、登場人物達の健康優良不良少年っぷり!サイバーパンクだの、退廃した未来都市だの、ネオ東京だの、ましてや生命の進化なん...

いちおう探偵推理モノ。作者特有のシリアスとディフォルメキャラのギャップは、始めは混乱したが慣れてくれば「味」である。主人公の一人、安堂の虚弱体質ぶりは、他人事とは思えなかったりする・・・(^...

コミックです。ほのぼのした正義感と意外にしゃれた会話。どこかかわいげな絵。ずっと好きで、買ってます。片岡さん、大好き。38巻まで出ています。

小学館発行の週刊誌、ビックコミック スピリッツ。 大学時代からの愛読書だったが、仕事でも関わったりするようになって何気に自分の人生において重要な雑誌だったりする。 連載されているマンガに...

アニメ・キャラクターわさび

  • (由比)

頑固で変わり者の大学教授一家と、その家に住み込みで働く家政婦さんの日常を描く全4巻。ビッグコミック・スピリッツに連載されていた。何気ない視点のどぉってコトないハナシなのだけれど、つい、笑って...

携帯でこのページにアクセス

軽井沢シンドローム

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-10691

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ