関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

鬼がつくった国・日本―歴史を動かしてきた「闇」の力とは(小松 和彦, 内藤 正敏 著)

  • 鬼がつくった国・日本―歴史を動かしてきた「闇」の力とは(小松 和彦, 内藤 正敏 著)の画像

◆内容(「BOOK」データベースより)◆
「鬼」とは、占い師、山伏、流人など、権力に屈し社会の周辺に排除された者たちをいう。だが、彼らこそが、恐るべき情報と情念をもって日本文化の基層を形成したのだ。歴史の転換期に、巨大な情報網を利用し、彼らは、「闇」の力を発揮する。隠蔽された「負」の歴史に焦点をあてた本書は、歴史的な変貌をとげる現代に、新たな「鬼」の出没さえ予感させる。

鬼がつくった国・日本―歴史を動かしてきた「闇」の力とは(小松 和彦, 内藤 正敏 著)

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
Mad Mac
詳細情報
  • 発売元: 光文社文庫
  • 2001/11/21更新
  • 2001/11/21登録
  • 2010クリック

「鬼がつくった国・日本―歴史を動かしてきた「闇」の力とは(小松 和彦, 内藤 正敏 著)」を検索

このキーワードを共有する

コメント (2)

2001/11/22

CRF この本、所有してます。内容はもううる覚えですが・・・

Mad Mac 私を闇の世界に引きずり込んでくれた本です。

つながりキーワード (0)

まだキーワードがつながっていません。

携帯でこのページにアクセス

鬼がつくった国・日本―歴史を動かしてきた「闇」の力とは(小松 和彦, 内藤 正敏 著)

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11043

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ