関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

カート・ヴォネガット

カート・ヴォネガット / Kurt Vonnegut

  • カート・ヴォネガット / Kurt Vonnegutの画像

(大江健三郎じゃないけど)「タイタンの妖女」はSFの最高傑作だと信じているファンです。確か彼はニューヨーク在住だったと思うんですけど、今回のテロ事件に際して何かコメントはしていないでしょうか。ご存知の方、教えて下さい。
#一応まだ生きてはいるらしいんだけど。

カート・ヴォネガット / Kurt Vonnegut

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
たぬ
  • 2001/11/21登録
  • 5651クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (10)

最新コメント5件

2001/11/22

やすえ 数年前に出た「タイムクエイク」を半分まで読んで止まってます(^^) ちょっと前まで「カート・ヴォガネット」だと思ってました。

2001/11/25

eno 『ガラパゴスの箱船』で、「もうすぐ死ぬ人物の名前に*印がつく」って設定がありましたね。『バトルロワイヤル』観てたら思い出しちゃって、「どうせ死ぬんなら事前に印つけといてくれよ」とか思っちゃいました。

2001/12/05

TOSH ヴォネガット作品はどれも好きですが『タイタンの妖女』は、多分、一番泣いた本。でも一番好きなのは『猫のゆりかご』でしょうか。

eno 『猫のゆりかご』は高校生のとき無理して原書で読みました。でも日本語訳のほうがやっぱり理解しやすかったですね。ハイホー。

2002/03/24

亜鉛 皆さんの意見を読んでいたら無性に読みたくなりました。まずは10年前に挫折した『猫のゆりかご』からだ!

つながりキーワード (12)

俯瞰した視点、時間や空間を超えた物語の中でが”UWTB”( Universal Will To Become!)を使って目的と手段が交錯して登場する。結局「だれにとっても...

人名・団体名小説家

  • (sleepycat)

小説というか物語を読むのが好きです。自分の好みでリンクしてみます。バーチャル本棚ってとこですかね。

正式には『S.P.I.N(SkateParkin Norhampton)T-Shirts』 ヴォネガットは彼の孫達が住むノーザンプトンにスケートリンクを作る活動に参加して...

まだ若かった大江健三郎にカート・ヴォネガット・ジュニアを教えたのは、 五歳年上の武満徹だったそうだ。 2001年2月22日 武満徹没後5年の東京オペラシティコンサートホールでの“タケミツ...

I'm here. I'm glad you're there. 読んだことがない? そりゃ羨ましい。感動出来る本が少なくとも1冊は残ってるんだ。 「猫のゆりかご」と並ぶカート・ヴォネガ...

カート・ヴォネガットJr.(当時)の名作を、「明日に向かって撃て」のジョージ・ロイ・ヒルが監督した作品。 なんかの拍子に人類がみんな死んじゃうかもしれない、そんな不条理...

人名・団体名Phish

  • (cage)

アメリカのいわゆるジャム・バンドのひとつ。というか、ジャム・バンドという概念自体、Phishの活躍を受けて広まったとも言える存在。 ブルース、カントリーなど様々な音楽...

書籍42

  • (cage)

究極の答え 6/11追加 ビッグバンから現在にいたる宇宙の状態をシミュレートするには10^90ビットの情報量を格納し、これらの情報処理のために10^120回の演算が必要とのこと(http:...

『トラストDE』という小説をご存知でしょうか。早川書房の世界SF全集9は入手不可能だと思いますが、海苑社さんのシリーズ「文学の迷宮」1は大丈夫なようです。 イリヤ・エレ...

漫画家。『BLUE』『夏の思い出』『ありがとう』など。森山塔というペンネームで活動していた時期もある。塔山森も。これからも頼んだぜ。

バター面。はなから下がムックン(小堺さん)に似ている。 ダイ・ハードで人気を拍すが、個人的には近年のあまりアクションの入っていない、微笑み系のしずかな演技の多くなったウ...

ビルゲイツと布施あきらを足して2で割った顔のSF作家&数学おじさん。「ソフトウェア」シリーズが有名だけど、私は「空洞地球」とか「ホワイトライト」が好き。もっと著書を日本で翻訳して欲しい~~~...

携帯でこのページにアクセス

カート・ヴォネガット / Kurt Vonnegut

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (1)

20世紀英語圏小説トップ100

  • 一斗缶 | Tracked: 07.8.8 11:02 pm

 何だかんだで更新してる気がする一斗ですコンバンワ。  今回は98年にラドクリフ・パブリッシングが発表した、list of the century's top 100 novels...

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11049

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ