関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ビアズリー

ビアズリー

  • ビアズリーの画像

世紀末の退廃モードバリバリのアート。
素敵です! 問題です!
数年前に、伊勢丹でやってた美術展を見に行ったら...濃かった...。
濃いけど繊細なとこが好き。

ビアズリー

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

sa画像 投稿者:
sa
  • 2001/12/01更新
  • 2001/11/21登録
  • 4295クリック

このキーワードを共有する

コメント (4)

2001/11/21

ご隠居 伊勢丹美術館ってなくなるんですね。寂しいな。確かクリムトかピアズレーかを伊勢丹で見たような気がします。

sa え! なくなるの。さびしー。ホドよかったのに...。あれ、小田急美術館だったのかも..。

2001/11/23

ぎゃー 20世紀初頭はビアズレー「風」な絵が流行ったようですね。谷崎の初期の短編、「人魚の嘆き・魔術師」(今は中公文庫です)なんかのいんちきな挿絵が今となってはすごくいい感じがします。

sa あー..当時のマッチ箱とか(ないか...?)、イイかんじの多そうですね!!

つながりキーワード (9)

 Alastair(本名:Hans Henning Baron Vogt 独 1887-1969)  ビアズリー亡き後現れた、いわゆるデカダンや世紀末風といわれるような画風の挿絵画家。日本...

マンガ家。 中学生のとき、友達に借りて読んではまり「NINETEEN」「B.B.FISH」、「C」などなど。 「HONEY!!」の連載も終ってしまい…。 個人趣味(マイブ...

死の直前までサミュエル・ベケットはオスカー・ワイルドを読んでいた。 終の棲家となった医療付き養老院 ル・ティエール・タンで。 ジェイムズ・ノウルソンの『ベケット伝』最終章にはこう書かれてい...

「おまえに口付けしたよ、ヨカナーン」 多感であった(かも知れない)少女時代にオスカー・ワイルドの『サロメ』から出会い、深い感銘を受けた画家。神秘に惑う少女たちを熱狂させ...

時々立ち寄る洋書屋で、ふと目を奪われたのがビアズリーのイラスト集。ビアズリーに関する何の知識もないまま、その独特なエロティズムやグロテスクな美しさに魅かれて購入したのです...

人名・団体名澁澤龍彦

  • (panhead)

フランス文学の翻訳を出発点に、人間の暗黒面を見せてくれた。彼がウェブを知ったらどんなことをしただろう....

ドイツ版アール・ヌーボー。直訳すると「ヤング・スタイル」(笑)。当時ミュンヘンで発行されてたイラスト週刊誌『Jugend』に由来するそう。日本の文芸雑誌『白樺』のマークを...

画家のグスタフ・クリムトの「接吻」という作品が大好きです。作者の経歴も作品の意味も、描かれた状況も何一つ知りませんが、この絵を見ると愛する人に包まれているような、安心感を...

オーストリアの画家。クリムトの弟子。ロリコン。僕らの心の病。すっげえ綺麗なナルシシズムとエロティシズム。荒木飛呂彦とかきっとこの人好きなんだろうなあ。緊張感のある画風で、「死んでも俺は屈しな...

携帯でこのページにアクセス

ビアズリー

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11121

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ