関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

オウライドウショテン

往来堂書店

「街の本屋の復権」を目指して、1996年東京・千駄木にオープンした書店。店構えは小さいものの、目利きの店長が仕入れた個性的な品揃えが売り。本の配置にも工夫をこらし、つい「ついで買い」してしまうような魅力あるお店。いつもお世話になってます。

往来堂書店

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
eno
詳細情報
  • 住所: 東京都文京区千駄木2-47-11
    東京都文京区千駄木2-47-11
    大きな地図+周辺の情報
  • 電話番号: 03-5685-0807
  • 営業時間: 10:00~22:00 年中無休
  • 2001/11/21登録
  • 5142クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (5)

2001/11/22

yaeco ちろっとサイトを見せていただきましたが、いやあ、いいっ!!お給料も出たことだし行ってみましょう。

2001/11/28

eno 近隣の業界関係者は全員ここの棚をチェックしています(笑)。

2002/02/01

eno アンケートに答えたら「あなたが32人目の回答者です」というお返事が来ました。取りにいかなくっちゃ。

eno うーん、実際に回答するのはお店まで取りにいける距離に住んでいる人にかぎられるでしょうから、数で見たら仕方ないかも。別名で応募してもう一本、いいですね。結構絵柄もいい感じだし。

2002/02/19

kecotte な、なんかサイトに勢いを感じました。すごく好感が持てます。...場所がちょいと...

つながりキーワード (17)

東京千駄木にある小さいながらもとても居心地のいい本屋さん・往来堂書店。そこの初代店長さんだった安藤さんによる読み応え満点のルポタージュ。 街の小さな本屋さんでありながら、...

ブック本のあつまるところ

  • (メディアセブン)

2008年11月より開催される連続トークセッション「本のあつまるところ」。JR川口駅前の公共文化施設メディアセブンに、都築響一さん(編集者)、幅允孝さん(BACH代表・ブックディレクター)、...

東京都の文京区台東区にまたがる不忍通り沿いのの谷中・千駄木・根津界隈を、「本と散歩が似合う街」という切り口で捉えるプロジェクト名称。または本と散歩について語る場合にその地域をさす言葉。  確...

レジャー谷根千

  • (fireraccoon)

2003年8月10日「圓朝まつり」谷中・全生庵(http://www.rakugo-kyokai.or.jp/...)に行ってきました。さん喬師匠のお店で、この日最後のチ...

ショップ往来堂

  • (えじお)

「街の本屋の復権」を目標に、「棚は管理ではなく、編集するもの」をモットーにした書店です。 店内や棚のレイアウトから品ぞろえまで、すべて店長やスタッフのオリジナル。 欲しい...

ショップ教文館

  • (結城浩)

銀座にある老舗のキリスト教書店。キリスト教関連の本、カード、CDなどがある。ちょっとレトロなエレベータが雰囲気あり。 おりしも、もうすぐクリスマス。1度足を運んでみてはいかがでしょう。

規模は決して大きいとは言えないが初めて入ったとき「!!」と思った。確かに昨今ばんばん出来た大型書店やオンライン書店はその品揃えの豊富さで欲しい本、知らなかった本に出会える...

京都寺町二条上がるにある書店。古本屋さんかと思ってその小さくごちゃっとした店に入ると、超ディープな品揃えでびっくりする。 職場の近くだったので、たまに昼休みに入ってはホエーと眺めていた・・・...

吉祥寺駅ビル内、改札を出てすぐ。平日夕方は非常に混雑しているが、雨が降ると雨宿りのお客さんも含めてさらに混雑する。 混雑度に関しては大阪梅田の紀伊國屋書店梅田店と並んでます。 16年前、バ...

往来堂書店の初代店長である安藤哲也さんのオンライン個人書店。普通の本屋さんとは品揃えや棚作りがひと味もふた味も違います。本の好きな方は、ぜひ。 --- 2002年7月末日で閉店すること...

「谷根千」:東京都台東区谷中、文京区根津・千駄木を中心としたエリアの総称。どこからどこまで、という定義は実ははっきりしていないらしい。 谷根千関連のキーワードがだいぶ集まってきたようなので...

人名・団体名ras

  • (bibibi)

バルセロナでいちばんトンガっている本屋。 ほとんどがカルチャー&アート系の本なんだけど、 なぜか日本のサブカル本や日本語フォントCDが 売ってたりするのさ。 やはり建築好...

もっともお気に入りの書店。 なんたってアート、写真、デザイン関係の書籍が豊富。ぶらぶらと店内を見ていると時間がたつのを忘れてついつい長居してしまうし、あれもこれもと欲しい...

千駄木に住んでいます。下町サイコーというわけでキーワードにしてみました。

東京のいわゆる下町、谷中・根津・千駄木エリアを中心とした生活・地域情報を扱うタウン誌。エリア内の書店をはじめ、いろんな商店に置いてある。地域住民ならたいてい知っている、地...

学生の頃、京都市左京区の一乗寺というところに住んでいた。その頃、ちょくちょく言っていたお気に入りの本屋さん。(、、、と言い切っていいのかわからないけど) 個性的な品揃えと、書店ぽくない照明が...

ショップVillage Vanguard

  • (ナガセ)

あのN.Y.の有名なライブハウスではありません。エキサイティング・ブックストア!まあ本屋さんです。元カノは「遊べる本屋」とか呼んでましたけど。愛知を中心にいちおう全国区で...

携帯でこのページにアクセス

往来堂書店

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

近所の情報

トラックバック (1)

バレンシアガ バッグ

  • バレンシアガ バッグ | Tracked: 13.4.20 12:37 am

李 英才のカップ ( リー・ヨンゼのカップ) : トラックバック一覧 - 関心空間

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11297

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ