関心空間はコンピュータのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

アオゾラブンコ

青空文庫

  • 青空文庫の画像

フリーテキストの宝庫。
著作権の切れた作品と、著作者の許可を得た作品を自由にダウンロードできるようにしてある。

パソコンや携帯端末で文章を読む機会が増えるにつれ、このような「テキストを無償で公開しているサイト」というのは重要性をますます増してくると思われる。

…と評論家風に書き進めてみたものの、青空文庫のよさの1つはそこに集っている人々の雰囲気のよさではないかと思っている。例えば、青空文庫の掲示板「みずたまり」や、青空文庫メーリングリストなど。

青空文庫

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

結城浩画像 投稿者:
結城浩
  • 2001/11/21更新
  • 2001/11/21登録
  • 8310クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (8)

最新コメント5件

2001/11/22

EEACH いっつもパームに何かしらここでDLした文章(作品)をつっこんでまする。ところでプロジェクト杉田玄白ってなんですか?教えて下さい。

結城浩 プロジェクト杉田玄白。リンクするから見てくださいな。

EEACH ありがとうございます。おねがいします。

結城浩 とゆわけで、キーワードリンクしました。

EEACH 今、ちょうど見てまする。キングの演説の訳とかおもしろそうです。

つながりキーワード (20)

ホームページ星空文庫

  • (goo-1-5)

小説中心のインターネット図書館

 iPhone で青空文庫の書籍を読める。ダウンロードからブラウズまでを一本で済ませられるのがメリットだろう。  同じ事はPCで青空文庫からデータをダウンロードしiPh...

仕事で国語の先生にお会いして「お薦めの本を教えてください。」と聞いたら「芥川龍之介の『杜子春』はどうでしょう。短編ですし…」と私が長編は挫折しやすい事を察したのか、そう付...

モバイル・携帯電話携帯Flash文庫

  • (ふらしゅ)

青空文庫のテキストを携帯で読めるように、Flash形式(.swf)に変換したファイルを置いているサイト。現在の主な作品は短い随筆。 ファイル一つ一つがFlashのテキストリーダになっているた...

以前から欲しいな、と思ってた電子辞書。私の選択基準は、以下の2点でした。 1. ダントツの語彙数を誇る専門用語にも強い英和辞書、『リーダーズ』と『リーダーズ・プラス』が...

人名・団体名富田倫生さん

  • (高橋 明)

インターネットの図書館、青空文庫の大黒柱。 最初の四人の呼びかけ人のおひとりで、青空文庫の支柱と呼んで良い方。 小生が1999年に青空文庫のテキストをパームで読めるDOCという形式にして...

「青空文庫」がついにウェブログ部門「青空blog」を立ち上げました! http://www.siesta.co.jp/aozora/

電子出版、電子書籍、電子ブック。 当初の予想のようには浸透していないようだが、 巻き返しの策はあるのか? なお、わが国では、うさんくさい自費出版系の出版社(会社というより怪社)が続々とオン...

青空文庫に倣って(設立前に富田氏を呼んで講演してもらっている)、仙台にゆかりの作家の作品などを電子化している。せんだいメディアテークの事業のひとつにもなっている、らしい。まだまだ収録作品は少...

この様な物は作れないだろうか? SDカードに入っているTXTファイルをケータイで読めるようなJAVAアプリ。 そしたら、SDカードにテキストをガンガン入れて読めるんだけど...

著作権の問題をクリアして、青空文庫のテキストの宝庫を音声ファイル化するには?と考えた結果、読み上げソフトを使って読ませれば??と考えた。 テストとして作成した音声ファイルをリンク先で公開し...

インターネット型出版形式。とでも言おうか。 「オン・デマンド出版の試み」@青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/guide/... によれば、 ●レイアウト済み原稿を電...

ホームページむしとりあみ

  • (高橋 明)

有名な「青空文庫」(http://www.aozora.gr.jp)に機構改革の一環として最近導入された「みんなで直そう」精神のシステム。 結構、誤入力とか、包摂規準とか難しい問題に真っ正...

プラトン初期の作。ソクラテスの永年の親友であったクリトンが、処刑間近のソクラテスに脱獄を勧めに来る。ソクラテスは自分が脱獄しない理由をクリトンに納得させるため、クリトンと話し込むのであった。...

青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)ってすごく質の高いコンテンツですよね。これ以上古くなりようがない(それ故に質の高い)コンテンツがぎっしりつまってお買い得でしょう。...

書物の歴史から出発して、電子テキストとは何であるのかに迫っていく論文。 筆者は『チューリング・マン』で有名なJay David Bolter。自分はどちらかというと『チ...

青空文庫があるんならこっちも当然あるべきでしょう。パーム使いが読書するならここははずせない。 青空文庫で公開されている作品(+プロジェクト杉田玄白で公開されている作品)をDOC形式でダウン...

インターネットでは多くのサービスが無料になっています。このキーワードでは無料サービスをリンクしていきましょう。

『伽藍とバザール』の翻訳で有名な山形浩生が主宰のフリー翻訳サイト。フリーな文書を翻訳して公開してしまおうというもの。 フリーテキストで有名な「青空文庫」の翻訳版と考える...

人名・団体名富田倫生

  • (結城浩)

「青空文庫」呼びかけ人。青空文庫主宰、と呼んでよいのだろうと思うが、富田さんは「参加するみんなで作っている」という態度をいつもとっている。 富田さんは、電子メール文のお手本となるようなメー...

携帯でこのページにアクセス

青空文庫

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11322

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ