関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

バルテュス

バルテュス

画家(1908-2001)。ポーランド系フランス人。兄は作家・画家のピエール・クロソウスキー。
室内でくつろぐ少年少女を題材にした作品多し。
中学生か高校生の頃、日経新聞の文化欄で、にこにこしながら手鏡をのぞいている半裸の少女の絵を見たのが発端。特に過激な絵ではないのですが、何故だか見てはいけないものを見てしまったような気がしました。こわばった感じとしどけなさの混ざり具合が気持ち良くも悪くもあり。気になります。
1993年、東京ステーションギャラリーで展覧会がありました。古い薄暗い建物の中でバルテュス、似合ってた。

バルテュス

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

bantoh画像 投稿者:
bantoh
詳細情報
  • Balthus
  • 2001/11/22更新
  • 2001/11/22登録
  • 2507クリック

このキーワードを共有する

コメント (3)

2001/12/29

のりしろ 2月に亡くなったバルテュスの作品は私も大好きです。“彼の絵は現実的であればあるほど異常になる(渋澤龍彦)”とのようにやわらかいタッチの絵なのになぜか異常さを感じさせる、見てはいけないけどもっと見たいと思わせる絵が多いです。美術書でしかみたことないので本物をみてみたい。。。

2002/07/27

から ついこないだの日経にも紹介されてました。日経の最終面はなにげにエロチック度高し。

2002/07/29

bantoh 名士の自叙伝+渋エロ美術+連載小説のラインナップでしたっけ(今は購読してないんです)。一時、渡辺淳一の「化身」が連載されてたこともあったです。あれはまあ、エロっていうか(笑)。

つながりキーワード (4)

Pierre Klossowski (1905-2001) 思想家、作家、画家。そして稀代の偏執狂。  小説家としては「ナントの勅令破棄」にはじまる妻のドゥニーズをモ...

フランスを、そして20世紀を代表する映画監督。  1930年 12月 3日パリに生まれる。医者の父親と、パリ銀行頭取の娘である母親とのブルジョワ家庭に育つ。幼少期はスイ...

ロシア系ユダヤ人の血をひくのフランス人。1928~1991。女たらし、変態、歌い手、映画も作った。 続きはまた書きます。夜の散歩に出て、星がきれいだな、と思ったら書きた...

ジャン・ミシェル・バスキアの画集つうか文庫。絵を真中で切るなっつうの!!掘り出し物を高蔵寺のビレッジ・ヴァンガードで購入。アート系の本が充実してて目移りした。バックミンス...

携帯でこのページにアクセス

バルテュス

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11398

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ