関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ナガサキケンビジュツカン

長崎県美術館

  • 長崎県美術館の画像

設計したのは、隈研吾さん。
新旧かかわらず、素材をいままでと違った使い方をしてハッとさせることや、その素材から作られている建築物が、その場所になじむ(お肌になじむクリームのような)感覚の建物をつくる建築家です。

今回のハッとポイントは、長崎県波佐見町の名産をつかった光る陶板の壁面、「波佐見焼陶板壁」です。波佐見焼は、400年もの歴史を持つ白磁。光を透過させるため、陶板の中央を約3mmの厚さに仕上げてあります。ちょうど「ほたる茶碗」のような具合です。

営業時間は、夜8時までで美術館内のカフェではスペインのワインやカヴァ酒がいただけます。オシャレなオトナの行く美術館です。

長崎県美術館

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

  • 2007/05/17更新
  • 2007/05/17登録
  • 1440クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (1)

今日表参道ヒルズの粋更で見つけた、長崎県波佐見町の新しい焼き物ブランド。ハサミと言っても鋏ではなく波佐見なのです。 Twitterで教えてもらったんだけど、この波佐見町...

携帯でこのページにアクセス

長崎県美術館

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-1143024

キャンペーン


ロケットニュース24

未来検索 ガジェット通信
ページの先頭へ ページの先頭へ