関心空間はコンピュータのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

つかえるちゅうこかたおちましん

AOpen HX95

  • AOpen HX95の画像

選択のポイントは「デスクトップ型であり、且つ拡張性があること!」でした。割とメインマシンとして使うつもりでしたので、床直置きしたくなかった訳です。大事にするとかでなく(そもそもそんな気は更々ないすけど)アレやコレや出したり挿れたりする度に、無理な姿勢をするのって面倒じゃないですか?で、目ぼしいケースメーカを見てみると、これが…、今ってば両極端なんですね?拡張性重視のタワー型か、せいぜい3.5インチHDD追加用の空ベイが1つしかない省スペースデスクトップ。確かに市場で売られてる、デスクトップ機ってのもそんなもんか。っつーことで、デスクトップ型で5インチベイ×3なんてケースはAOpenぐらいしかありませんでした。まあ値段も安いし、見た目も素っ気ない感じ、潔くて好感が持てます。(それにしてもいわゆる自作機用のCASEってあんなにダサダサなんでしょう?それでいてズレた方向へ洒落込むから、もはや手の着けやうがないし)

■spec
-----------------------------------------------
・ケース材質: 鋼板
・ケースタイプ: デスクトップ型
・マザーボードサイズ: ATX/microATX
・ディスクドライブベー: 5.25"x3, 3.5"x3/
・寸法: 16.54"(D)x16.93"(W)x6.10"(H)
・パワーサプライ: 250W
・放熱: オプションSecond DC ファンによる空冷式

AOpen HX95

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
辛子蓮根
詳細情報
  • メーカー: AOpen
  • 価格: アキバ・PCサクセスにて¥6,300
  • デスクトップ型
  • 2002/01/05更新
  • 2001/11/22登録
  • 2753クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (2)

台湾は現在真空管生産が盛んだが、パソコン用マザーボードまで真空管を使うとは... 開発元は台湾AOpen社。Intel 845Eチップセットベースの Socket 478...

とりあえず1台、要り用だったので自作しました。 ポイントは「拡張性のあるデスクトップ型」 内訳はリンクにもあるやうに ・CPU:Celeron850(¥6,300) ・MB:Asus/CU...

携帯でこのページにアクセス

AOpen HX95

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11476

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ