関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

イーハトーボ

いーはとーぼ

 下北沢の一番街にある喫茶店。BGMはフレンチやボサノバ、あるいはジャズ系が中心。メニューはベジタリアン系。スパイスミルクティーが美味い。店でかかっている音楽のCDや、中古レコードや本も売っていて、今はやりの「ブックカフェ」のはしりと言った感じもある。
 もう15年以上昔から通っているけど、まったく雰囲気がかわらない。マスターのオヤジの雰囲気も変わらない。トイレにはなぜかずっと、水玉消防団のポスターが貼ってあった。ちなみにオーナーは元バイド・バイパー・ハウスのスタッフ。そのことは、晶文社から出ている岩長正敏さんの『輸入レコード商売往来』という本で知った。晶文社のこのシリーズでは早川義夫の『ぼくは本屋のおやじさん』も出ている。

いーはとーぼ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

solar画像 投稿者:
solar
  • 2001/11/22更新
  • 2001/11/22登録
  • 8223クリック

このキーワードを共有する

コメント (4)

2001/11/22

NUE 出た出た。ところで最近(ここ数日)閉まってるという噂があるんですけど、事情はご存知ですか?

solar えー、心配だな(笑)。帰りにでも覗いてみます。最近ごぶさたしているもので。

solar 帰りがけに近くを寄ったら開いてましたよ。それから店の名前を間違えてたので訂正。「いーはとーぼ」です。

2002/07/10

雲衣。 ンート、岩永正敏。

つながりキーワード (9)

サニーデイサービスの「あじさい」(2nd『東京』収録)のPVで使われていたので 高校生の頃から知ってはいた憧れの喫茶店。 上京後、サニーデイサービスフリークの友人と一緒に...

 今、下北沢の街を根底から破壊するような大規模な道路建設計画が動き出そうとしています。2003年2月に、東京都と世田谷区は環7(幅25mと同等の幅を持つ“都市計画道路補助...

僕の地元である鳥取県西部の「本の学校」内にあるブックカフェ。ブックカフェって山陰では珍しいんじゃないかな? 以前はただの自販機コーナーだったのですが気がつけばいつの間にやらカフェ屋さんにな...

吉田保という編集者が2000年に始めた出版社。この間までは一人でやっていたけど今は二人体制。 松本大洋(『花』)とか片岡義男(『英語で日本語を考える』,同『単語篇』など),それから複数の著...

「えっ??ここで良いのかなぁ?」と思うようなビルの裏の階段をトコトコあがると、このカフェがあります。そんな場所にあるからなのか、ちょっとした秘密の場所のようです のんび...

大熊亘(おおくま・わたる)バンドリーダー。 これは必見ですぞい。 ▼こぐれみわぞう@シカラムータの 『 シカラムータの凸凹珍道中2002~ヨーロッパ篇~ 』 http://www.aruk...

下北沢の喫茶店 ここの薄暗さが結構好き。 喫茶店とバーに分かれているんだけど、バーのほうには まだ行ったことは無し。 よく夏場はここで涼んでた。 カウンターの左端が自分の特等席になってます...

今は昔、日本の輸入版レコード店の草分け。 バブル地上げによる消滅まで青山は骨董通りにあった。 創業は不明だが、70年にはすでにあったと思う。 高校時代、わざわざ上京して通常店では入手不可能な...

 すでにほかの人が挙げている店で、ぼく自身も大好きな店をリンクしてみました(とくに本屋と喫茶店)。まだだれも挙げていない店は自分でコメントしてリンクを張ります。そういえば、最近は本屋とカフェ...

携帯でこのページにアクセス

いーはとーぼ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11491

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ