関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ジョウホウカンキョウ

情報環境

僕のメシの種というと響きが悪いので、興味の中心と言い換えておきます。自然環境や人工環境があるなら情報環境という捉え方もあっていいではないか。むしろ、そう捉えることで見えてくることもあるのではないか。

で、そう捉えてみて何が問題なのか、どうすればそれが解決できるのか、解決のためにはどんなものを作ればいいのか……できればそれで仕事になって食えるといいんだけど、なかなか、そうもいきませんね(笑)。

いきなり変なキーワードですいません。まだ肩に力が……。

情報環境

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

MAT画像 投稿者:
MAT
  • 2001/11/22登録
  • 2183クリック

このキーワードを共有する

コメント (10)

最新コメント5件

2001/11/23

MAT ■余談■しかし、行頭に自分の名前が頻発するというのは、強制的に鏡に向き合わさせられているようで拷問されてるような気分ですね。

MAT 金原さんの『「子」のつく名前の女の子は頭がいい』は賛否両論のようですが、統計学の素養がないので、この本の信憑性については何も言えません。ただ、アプローチとしては面白いと思います。メディアが人間にどのような影響を与えるかというのは、こういうアプローチ・手法を使わないと事態を科学的に検証できないんじゃないか、それ以外の方法では、結局のところ文学的な印象論で終始してしまうように思うのです。

nsd じゃ、テレビとかですかね? まあ、受像器を捨ててしまえばいいのですから、公害とは言えないかな。これ、公害の話しではなく「環境」の話でしたよね。

MAT 金原さんの本の結論はたしか「いますぐテレビを消せ」だったかと思います。たしかにテレビの影響はきわめて大きいと思いますが、情報環境を作っているのはテレビだけではなく、活字やインターネットも含めたすべてのメディアです。つまりテレビを捨てて本を読めばいいかというと僕はそういう問題ではないだろうと思うのです。

2001/12/06

MAT 先に進みにくいので、もうちょっと元のほうから考え始めることにしました。

つながりキーワード (7)

タイトルだけ読むと、いかにも「トンデモ本か?」と疑いたくなりますが、中身はいたって真面目な社会学。 「テレビばっかり観てるとバカになる」のは本当で、それはなぜかを統計学的...

ノンカテゴリー世界地図

  • (佐藤小太郎)

世界についてのハンディなイメージ。 南北を逆さまにしてみるとか,描画方法を変えてみるとか,国別に色分けて見るとか,国境の無いものをじっくり見てみるとか,いろいろな見方が...

学校森の学校

  • (footloose_fooh)

 日本の最北に位置する北北海道の中川町が「森の学校」を開校している。  この地域のフィールドには、体長12メートルの日本最大のクビナガリュウやアンモナイト化石が眠っていた中生代白亜紀の地層...

経緯:商品名でもサービス名でもないのですが、それ同士ではリンク関係にない商品同士をリンクさせようとすると無理なので、このキーワードを登録しました。 というわけでこのキーワードページは「情報...

タイトルで一瞬「トンデモ本か?」と思わせ、 山形浩生書評等で「あ、実はなかなか良い内容なんだ」 と思わせたが、新書のあとがきや、最近のネット上での 金原の発言を読んで、「やっぱりトンデモなん...

サイバースペースの地図帳サイト。画像を眺めているだけで、わくわくします。

大ざっぱに言うと、グラフィック・デザインと認知科学を両親とする、新しいデザイン論とでも言いますか。ここでもたびたび話題になっているドン・ノーマンなども、生みの親の一人と考えていいのでしょうね...

携帯でこのページにアクセス

情報環境

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11720

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ