関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

たびのらごす

旅のラゴス

短編を積み重ねて描く成長小説。ラゴスという主人公が長い長い旅の中で何かを学び、何かをつかんでいく。はじめは不思議な事件、奇妙な人物を中心に物語が進む。しかし次第に舞台装置は地味になり、しかしそれと共にまるで壮大な大河小説を読んでいるような気持ちにさせてくれる作品。

さあ、これからシュミロッカへ行きますよ。一歩前進すればわたしたち全員がシュミロッカにいるのです。実際に、一歩前進しなくてもかまいません。頭の中で、一歩前進することを想像すればいいのです。もちろん、どうしても本当に歩きたいひとは一歩前進してもいいのですよ。さあ、静かにね。それでは行きましょう。(引用)

旅のラゴス

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

結城浩画像 投稿者:
結城浩
詳細情報
  • 人名: 筒井康隆
  • 発売元: 新潮文庫
  • 2001/11/23登録
  • 2952クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (2)

書籍「美藝公」(筒井康隆)

  • (ののがきあつこ)

日本では政治家や官僚の芸術に対する関心は低い。それはビジネスの世界でも「金が余ったら芸術に」という程度に思われていることが少なくない。仕事や生活の中で壁にぶつかった時に、...

書籍虚人たち

  • (元管理人)

同時に、しかも別々に妻と娘が誘拐される主人公。筒井康隆が泉鏡花賞を受けたこの小説の設定も“関心空間”着想のきっかけのひとつでもありました。(ひとはどこまで他者との関わりを選択し、選択出来ない...

携帯でこのページにアクセス

旅のラゴス

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11884

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ