関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

じょうほうでざいんにゅうもん

情報デザイン入門

大ざっぱに言うと、グラフィック・デザインと認知科学を両親とする、新しいデザイン論とでも言いますか。ここでもたびたび話題になっているドン・ノーマンなども、生みの親の一人と考えていいのでしょうね。平凡社新書で、渡辺保史さんに『情報デザイン入門--インターネット時代の表現術』という本を書いていただきました。

情報デザイン入門

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
nsd
  • 2001/11/23登録
  • 3914クリック

このキーワードを共有する

コメント (10)

最新コメント5件

2001/12/06

nsd どぞどぞ。

MAT ありがとうございます。でも、他人の家でお店広げるのもなぁ……と思って自分の家で広げることにしました。

MAT で、本のタイトルに関する質問なんですが、なぜ「表現術」にしたんですか?

2001/12/07

nsd サブタイトルのことですね。これ、渡辺さんは、かなりいやがったのですが、無理矢理、つけさせていただきました。情報デザインって、ウェブデザインだけじゃないよ、という本ですが、やはり読者はそこらへんにいるのではないかと、ひよったのが「表現術」と「インターネット時代」という言葉です。

2001/12/21

nsd おー、渡辺さんご本人も、ご登場です。いらっしゃいませ。

つながりキーワード (10)

アートPORSAS

  • (yukasa)

デザイン事務所(?) 「デザインをすることでみんなが気分よくなることを考えるプロジェクト。 部屋に置いてあるだけでワクワクする花瓶、手で握っていることがうれしいボールペン...

人名・団体名TED

  • (CLASH)

Macintoshが世にデビューした伝説のConference。情報建築家?のRichard Saul Wurmanにより1984年に第一回目が開催され、現在でも行われて...

往来堂書店の初代店長である安藤哲也さんのオンライン個人書店。普通の本屋さんとは品揃えや棚作りがひと味もふた味も違います。本の好きな方は、ぜひ。 --- 2002年7月末日で閉店すること...

経緯:商品名でもサービス名でもないのですが、それ同士ではリンク関係にない商品同士をリンクさせようとすると無理なので、このキーワードを登録しました。 というわけでこのキーワードページは「情報...

書籍情報デザイン入門

  • (ワタナヴェ)

モノのデザインからコトのデザインへ。 情報とデザインの出会い、そこから生まれてくる新しい可能性について展望した本です。 2001年7月の初版ですから、取り上げている事例...

10年ほど前に出た、元祖「情報デザイン」みたいな本。著者は、本家情報デザイナー・情報建築家であるリチャード・ソール・ワーマン氏。現在絶版で、復刊ドットコムで復刊リクエストがかかっている(下記...

情報デザイナー、あるいは、メディア・プロデューサー。自分自身メディア内でのアイデンティティの確立に悩んでいる(?)様は、コラム「東京バイツ(MYCOM)」第16回, 第52回 に掲載されてい...

認知科学の(カリスマ改め)ドン、ドン・ノーマン先生の新刊。「複雑さに別れを告げ、"情報アプライアンス"へ」という副題がついてますが、ちょっとこの翻訳はわけわからん……。

人に操作させることを前提とした人工物のデザインを、 色々事例を挙げながら解説してくれています。 初版から10年以上経っているため、事例がやや古臭い 印象がありますが、毎...

僕のメシの種というと響きが悪いので、興味の中心と言い換えておきます。自然環境や人工環境があるなら情報環境という捉え方もあっていいではないか。むしろ、そう捉えることで見えてくることもあるのでは...

携帯でこのページにアクセス

情報デザイン入門

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11952

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ