関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ちくまぶんがくのもり

ちくま文学の森

  • ちくま文学の森の画像

筑摩書房から刊行されたユニークな叢書。

メジャーな作品、マイナーな作品が入り乱れ、ふだん見かけない作家や作品も面白く読めるように工夫されている。テーマ別に分けられた各巻はいずれも強力な魅力を持つ。

安野光雅の装丁も美しい。

私は「ことばの探偵」がお気に入りです。

編者は鶴見俊輔,安野光雅,森毅,井上ひさし,池内紀ら。

ちくま文学の森

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

結城浩画像 投稿者:
結城浩
  • 2001/11/23登録
  • 4734クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (9)

学生時代の国文法の授業を「困惑した,退屈した,そして恐ろしかった」と述懐する井上ひさしさんが,日本語の文法について書いた随筆集です。品詞や敬語,表記の問題に至るまで,抱腹...

国内外の名作文学がそれぞれのテーマにそってまとめられているシリーズ。「解説」のところも面白く読んでしまいます。第6巻「思いがけない話」の冒頭に収録されている、室生犀星の詩...

去年の10月くらいに本屋で偶然見つけて、携帯にメモしておいた岩本堅一という名前に気づいたのは、年もとっくに明けた1月の終わり頃。帯に書かれた「荷風をしのぐか」という言葉は...

雑誌「is」

  • (No.6)

木下直之、鹿島茂、山田登世子、小林康夫、四方田犬彦、池内紀、高山宏、藤森照信……そうそうたる執筆陣を抱え、独自のテーマや切り口で文化、思想、風俗……を紹介してきた雑誌「i...

人名・団体名森毅

  • (いずし@胡桃日誌)

1923年東京生まれ。 京都の三高を出て東京大学数学科へ。北海道大学で助手をつとめ、京都大学へ。現在退官され、京都大学名誉教授。 若くして、宝塚、歌舞伎、長唄など多様な文...

大正15年3月20日、島根県生まれ。なんといっても『旅の絵本』シリーズが有名なんじゃないでしょうか。わたしは数字の絵本とか、だまし絵のとかも好きでした。彩づかいとか、繊細...

筑摩書房から出ている全集の中の1刊。あるテーマに沿って世界各界の様々な人のある種哲学的な短文を集めた面白い本です。この刊のテーマは”生きる技術”。志ん生~マーク・トウェイン~サルトルまでいろ...

子供の頃、この人の「さかさま」を読んで育った。大人になって子供が生まれたら子供にも読ませようと思っていたが、思っていた以上にシュールなので躊躇しちゃったりなんかして・・・。

筒井康隆のここ10年発表の短編集。筒井氏はもともと好きなのだが「文学史上初の使用権フリー短編集!」のコピーにつられて買ってしまった。よし、これをつないで小説を書こう!?

携帯でこのページにアクセス

ちくま文学の森

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-11961

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ