関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ケージェーホウ

KJ法

  • KJ法の画像

文化人類学者 川喜多二郎氏が生み出した発想法。

紙:たくさん。サイズは同じ。名刺大~A6サイズ
筆記具:えんぴつ、サインペン、赤、青などの色鉛筆等

(1) あるテーマの思い付く情報をできるだけ出し、紙片に記入する
(2) 机上でカードを関連する(類似する)と思われるごと同士にグループ化し分ける
(3) 出来たグループにタイトルを記入する
(4) 配置を整え、グループ間の共通点などを考え、図解化する
(5) それらの関連(図解化)の配置の意味をよく考え、文章化、また、それらをじっと眺めているうちに新しいアイデアを出す

どこか、関心空間に似ています。

>>KJ法 概要
http://nokai.ab-garden.ehdo.go.jp/...
>>amazaon.co.jpはこちら (発想法 続―KJ法の展開と応用 (2)) 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...

KJ法

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
shino.f

コメント (6)

最新コメント5件

2001/11/24

mic007 川喜多氏はあの「フランス映画社」とは関係あるのだろうか?(川喜多映画財団)

2001/11/26

飛鳥兼 KJ法、なつかしいなあ。 頭の中ではそういう発想で物事を考えていますが、最近は紙を並べてないなあ。

KARATATI 今でも深夜のファミレスでテーブルにカードを広げてやってます。時代遅れ??

mic007 川平慈英のことかしら、KJ〈笑い少なし)。

2001/12/06

MAT 僕もこの本の影響で京大型カードを買い込んだ覚えがあります。そのあとはポストイットになり、今はもっぱらInspirationで、ウェブで実際の動きを見たい時にはWORDのハイパーリンク機能を使ったりします。minuteさんがリンクしているISOPのソフト(僕が買ったのは「新・発想法」という名前でしたが)も使ってみたのですが、僕のマシンではちょっと重くて日常的に使うことはしてません。

つながりキーワード (13)

ノンカテゴリー設計学

  • (パナポカ)

「設計」という人工物を生み出すための人間の営み自体を探究する学問。放送大学の「産業と技術」の講座の一つにもなっている。講座担当は「設計学」の産みの親である吉川弘之先生。 ~ 最近、機械工学...

19世紀末に生まれ20世紀前半の広告業で活躍したジェームス・ウェッブ・ヤングの発想法。本書で興味深かったのは次の3点。 ●技術の習得に大切なのは”原理”と”方法”を学ぶこと ●アイディアを産...

雑貨情報カード

  • (未有音)

古式ゆかしい情報管理ツール。文房具店での地位は下がる一方の模様。なぜ誰も使わないのだろうか。使い始めて一月経ったが、カードの枚数は増えるばかりだ。 速攻でメモする、並べ...

雑貨メモ

  • (ほえほえ)

A4コピー用紙を2cmぐらいの厚さにダブルクリップでとめたものをメモ帳に使ってます。メリットは (1)沢山かける (2)ADF付のスキャナで一気に電子化できる (3)柔軟に補充/取り外しでき...

ブック新書

  • (h12o)

昨日、僕は発見してしまった。僕は新書中毒なのである。 新書はほとんど全てが書き降ろしであり、サイズが揃っていて携帯に便利。しかも予算は1冊400円~900円、衝動買いを誘ってくれる。著者によ...

最近、自分の知的生産性が低いんじゃないか? と悩んでいる。感謝なことに、ポテンシャルにはそこそこ恵まれているのに、使いこなせてないなー、と、正直なところ、思う。…って会社でいろいろと仕事を遅...

著者は京大式カードを考案した梅棹忠夫氏。 京大式カードはなぜこの大きさか、なぜ罫線がシンプルなのか、そして何よりなぜカード方式なのか。丁寧に、詳しく、説明してくれています。 この本は京大...

書き物をしてて言葉が思いつかないときに。適当に単語を入れて検索してみると知らない言葉が出てきたりしてけっこう楽しい。

10年ほど前に出た、元祖「情報デザイン」みたいな本。著者は、本家情報デザイナー・情報建築家であるリチャード・ソール・ワーマン氏。現在絶版で、復刊ドットコムで復刊リクエストがかかっている(下記...

コンピュータISOP KJ法

  • (ひろぷ~)

発想法のKJ法が出来るソフト。使っていましたが、意外によくできています。こういうソフトはいかに思考を止めないか?というのがポイントなのですが、たまにインターフェイス的なつまづきで、使いづらい...

書籍マインドマップ本

  • (南斗お米拳)

書籍。思考法に関する本。 マンダラートや関心空間と同じような思考の広げ方をする。 ただし、こちらは絵を書くように記憶や情報を整理する方法。

直訳:脳内嵐。1939年、アメリカのアレックス.F.オズボーンが提唱したアイディアを出すミーティング技法。省略して「ブレスト」とも言う。 ブレーンストーミングには4つのルールがある。 (...

木下是雄/著 中公新書 文章作成のテクニックに関する名著。理科系の学生さん、研究家のみならず、一般社会人、ホームページ作成者が読んでも大変、勉強になる本だと思います。 ...

携帯でこのページにアクセス

KJ法

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12036

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ