関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ECM Records

ECM

  • ECMの画像

マンフレート・アイヒャーが創設したレーベル。ヨーロッパのジャズというかコンテンポラリー音楽を代表するレーベル。俗に「ECMサウンド」と呼ばれるほど、クリアで潤いのある独特の音づくりをする。初期ECMの財政基盤を確固たるものにしたのは、たぶんキースの<ケルン~>でしょう。
最初期のレコーディングの顔ぶれが面白いのですが、ヤン・ガルバレク、チック・コリア、キース・ジャレット。チックはさっさと名版ソロを録音しちゃったらしいのですが、キースは「トリオとソロのどっちがいい?」といわれてソロにしたんだそうです。そのときトリオにアサインしようとしてた顔ぶれが、なんと後のスタンダーズとおんなじ。(ゲイリーとジャックとキース!)
う~ん、アイヒャーの慧眼、恐るべし。
アイヒャーの存在なくして、今のECMはありません。
ちなみに、アイヒャーがベルリン・フィルのコントラバス奏者だったというネタはガセの可能性が高いらしい。でも、彼のベースをゲイリー・ピーコックにあげちゃったってのはホントらしい。

ECM

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
  • 2001/12/04更新
  • 2001/11/23登録
  • 5483クリック

このキーワードを共有する

コメント (15)

最新コメント5件

2001/11/28

tomo アマゾンでゲットしました。ありがと~>nsd

2001/12/04

tomo アイヒャーがベルリン・フィルにいたってのはガセらしいので、そのように変更しました。

2001/12/06

NUE tomoさん、これってECMの下にアーティストのキーワード立てて、その下にアルバムをリンクさせるって手もあるように思うんですが……

tomo このペースで増えていくと、そうしたほうがいいかもしれないですねぇ。考えてみます。

2002/05/10

alfesta あ、キーワード上げる前に拝見すれば良かった。全く似たようなのを立ち上げてしまいました。失礼致しました。

つながりキーワード (40)

ECMレコードのジャケット本でございます。 ただし発売された年が1996年なので、それまでのジャケットしかカバーされていませんが。 ネット上では絶版扱いになっていますが、レコード屋ではたまに...

人名・団体名Jimmy Giuffre

  • (shipbuilding)

「真夏の夜のジャズ」冒頭の演奏シーンが有名だけど、Paul Bley(Piano),Steve Swallow(Bass)を携えた、1961年頃のJimmy Giuffr...

CD・レコードECM Records

  • (alfesta)

ドイツ(当時西ドイツ)で1969年に設立されたジャズ系レーベル。 いわゆる4ビートのジャズとは趣を異にしており、主にメロディアスで繊細な音楽、現在進行形の音楽を作品とし...

1999年末録音。自作曲にスタンダード、エリントン作品、トラディショナルなどをバランスよく配したバラード集。 引退していたロイドをミシェル・ぺトルチアーニが再びジャズ・...

Pat Metheny トリオ編成で、こんなにも音の広がりのある空間がつくれるのかと驚きました。 何曲かはコピーしたのですが、今まで知らないコード進行ばかりだったので苦労...

1979年にNYCのヴィレッジ・ヴァンガードで行われたギグのライヴ録音。 NYCの有名クラブでの録音ということで、キースのアメリカン・カルテットを思い浮かべてしまったが、...

1994年6月3-5日の3日間にNYCのブルー・ノートで行われたライヴの録音。結成されてから10年を経て初心に戻るかのように3日間クラブに入り行われたギグの様子を、恐らく...

キース・ジャレット・トリオの最高傑作との呼び声も高い、1986年ミュンヘンにおけるライヴ。 当時ミュンヘンで行われていた「鍵盤楽器音楽の夏」フェスティヴァルのチクルスの一...

ECMレーベルの創始者で、今なお精力的に活動し続けるプロデューサー。はじめはベース奏者だった。 音楽と音をとらえる独特の感覚と技術を持ち、アメリカのレコード産業とは明確...

ECMの設立者マンフレート・アイヒャーを軸に据え、彼にまつわるエピソードをひろいあげることで、ECM30年の歴史を振り返る。 独ECMの歴史を時系列にそって紹介している本...

おそらくKeith Jarrett の作品の中でも最も重要なものの一つ。 クラシック音楽奏者としての活動の後、失われかけた音楽とのつながりを再び取り戻すきっかけになった、...

キースによる完全即興ソロ・コンサートの第一弾アルバム。初めて発売される形態の音楽であるにもかかわらず、いきなり2枚組だった。 しかし各方面の評価は高く、いまだにキースのソ...

'80年代末におけるソロ・ピアノ音楽の一つの頂点っていってもいいかな。キースのソロが明らかに変化したことを示している作品のひとつ。これ以降のキースに<ケルン~>みたいなロ...

1970年代に発表されたソロ・ピアノ作品群の中でも際立った個性を持っていたアルバム。おそらく、ポール・ブレイのソロ・ピアノのベストぢゃないだろうか?<アローン・アゲイン>...

まだ入手可能ですね。 キースが八ヶ岳で録音したゴールドベルク。グールドのイメージで聴いちゃうとユルく感じられちゃうかも。でも各声部の流れをおいかけるとよけいな気負いが感じ...

キースのバロック・シリーズも佳境です(笑) ここでは、モダン・ピアノでヘンデルの組曲を演奏しています。ブックレットに書いてあるのですが、<ケルン~>の頃から録音したい曲だ...

1991年にウィーン国立歌劇場で行われたソロコンサートのライヴ。キース自身がベストの一つと述べる、まさにソロ・コンサートの頂点のひとつ。特にpartIはキースの歴代のソロ...

ハープシコードではなく、あえてモダン・ピアノで録音されています。またしてグールドと比較してしまいますが、グールドが曲集全体でのタイムのコントロールに注力したのとは対照的に...

第一巻とは変わって、こちらではハープシコードを弾いています。八ヶ岳で<ゴールドベルク~>を録音したときよりもテクニック的に上達しています。 基本姿勢は第一巻と変わらず、各...

吉祥寺にある<メグ>の寺島靖国氏も絶賛する、スタンダーズ3部作の第2弾アルバム。冒頭に収録されているキースのオリジナル「So Tender」から最後まで、非常に美しい旋律...

携帯でこのページにアクセス

ECM

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12100

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ