関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

アライモトコ

新井素子

1960- 女流SF作家。

1977年、高校2年生若干17歳で「あたしの中の・・・・・・」で作家デビュー。
独特な語り口調の文体は、多くの少女や青少年に影響を与えた。

代表作
「星へ行く船」「・・・絶句」「結婚物語」など

>>新井素子全著作リスト---作者のコメント付き---

新井素子

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
shino.f
  • 2001/11/24更新
  • 2001/11/24登録
  • 3445クリック

このキーワードを共有する

コメント (12)

最新コメント5件

2002/11/22

結城浩 「最終兵器彼女」をノベライズ、なるほど!

SSMG ちせのしゃべりがやたらカブったんで、それで思い付いたんですが。

結城浩 私が好きなのは作者本人の「えっと、あとがきです。」というあとがきの書き出し。

SSMG お馴染みの〆の言葉(ご縁がありましたら)もいいですよねぇ。

2003/02/20

kita あのあとがきすきだな~

つながりキーワード (13)

学校立教大学

  • (阪急コミュニケーションズ)

東京・池袋にある私立大学。政・財・学会をはじめ、各界に多数の人材を輩出。スポーツ界では長島茂雄・一茂親子が有名。とりわけ、新井素子、池上冬樹、伊集院静、酒井順子、島本理生、中島かずき、村山由...

一週間後に地球に隕石が衝突し、消滅する。 人類が滅亡する。 それを知ったとき、主人公の圭子は、心が離れたまま別れた恋人の朗に会いたいと思う。 人々がパニックに襲われ、無秩...

高校の時に出会った作家。 不思議な文体と、思考がつぼにはまった。 SFというカテゴリーにはいるんだろうけど、 凄い個性的だと思う。 「・・・・絶句」が特にすきかな。 彼女...

書籍新井素子

  • (まめ ぐりこ)

SF.ファンタジー作家。 出会いはずっと昔、「コバルト文庫」から。 発想がとにかく変わってる。 現実にはない世界、面白く変わった世界に入り込めます。表現のしかた(喋りの...

重複してるのは、判ってます。かなり今さらな気がするのも承知の上。 だから、自分なりの切り口で。けっして地上波放映記念ではないのです。 最近になって、あるひとから全巻一気に貰ったので読んでみ...

泣かされた小説。何か読んで泣かされたのはこれと「So What?」くらいしか記憶にないなあ。 ...ふりがなですが、思い直して書き直しました。慥か、どう読んでもいい、そんな風にあとがきかな...

男なのにけっこーコバルト文庫も読んでいたりする。氷室冴子「クララ白書」「なんて素敵にジャパネスク」や新井素子「いつか猫になる日まで」「ブラックキャットシリーズ」なんかを読んでいた。 今は、必...

雑誌などで見かけたちょっと気になる作品。後で本になって再会できると思っていたら、そのまま永遠のお別れに。 手に入れ損ねた「痛恨」の作品たちです。 『二分割幽霊奇譚』 原作新井素子、漫画くり...

私の場合。 ・特に小説(物語)において、いったん読み始めると、一気に最後まで読まないと気がすまない。中断するのにかなりのエネルギーを要する。 (結果、下手に本に触ると日常生活に支障をきたすた...

SF作家。女性。集英社コバルト文庫や、角川スニーカー文庫、みき書房などから出版物あり。 SF大会に行くと会える。 作品には世界が3系統あり、コバルト文庫は「ミクロコスモス」系(フェッセンデン...

神林長平の代表作とも言える“戦闘妖精・雪風”の続編が文庫になりました。 その正体が全く謎に包まれているエイリアン、ジャムと人類の戦いを描くハードSFですが、そこは神林長平...

人名・団体名星新一

  • (夏井)

SF作家。大正生まれ。ショートショートの名手。 本名星親一。素敵な作品をたくさんたくさん、ありがとうございました! 中学生のときファンレターに返事くれてありがとうございました! どうか安らか...

漫画萩尾望都

  • (shino.f)

1949- 少女漫画家。1976年、「11人いる!」「ポーの一族」で75年度の小学館漫画賞を受賞。 代表作品 「トーマの心臓」「ポーの一族」「11人いる!」「残酷な神が支配する」 わたし...

携帯でこのページにアクセス

新井素子

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12221

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ