関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ほてる かるふぉるにあ

『Hotel California』

  • 『Hotel California』の画像

1970年代のベストアルバムは?と訊ねられたらこのアルバムを出す人はかなり多いのでは?

全体としてはいかにもアメリカのカントリーロックバンドという感じですが、なんといっても、一曲目の表題曲「Hotel California」は、曲もいいし詩もいい。1969年以来、そのスピリッツは切らしているんです なんてダブル・ミーニングは最高にイカしてるぜ!

再結成しての来日のときの一曲目が、ちゃんとしたバージョン(?)のHotel Californiaだったのは嬉しかったなぁ

『Hotel California』

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

おが画像 投稿者:
おが
詳細情報
  • 年(代): 1977年
  • 2002/01/10更新
  • 2001/11/24登録
  • 4933クリック

このキーワードを共有する

コメント (9)

最新コメント5件

2001/11/24

bibibi いや、本当にやってないと思う。今、曲目リスト探してるが、どこにしまったのやら。

少なくともCDになった「Hell Freezes Over」には見当たらないね,ランディの曲は。

おが でも、Hell Freezes Overとセットリストは後半で違っていたような記憶が...

2001/11/28

ohsamu ジプシーキングスによるこの曲のカバーがもう...そしてソレを劇中に使ってるコーエン兄弟の「ビッグ・リボウスキ」。そのシーンがもうスゴイの何のって。

2004/07/09

楽太郎 ほんと仲悪いの?ランディの最新アルバムでTake It Easy歌ってますけどね。http://www.towerrecords.co.jp/... 待望の来日決まりましたね。ドン・フェルダーいないけど・・・。

つながりキーワード (15)

洋服を購入するとき、形状や値段は勿論、やっぱり気になるのが「色」ですよね。 折角なら流行色とか取り入れたりできると、ちょっと得した気分にもなるというもの。 …って待てよ、...

 いわずと知れたアメリカンロックの雄。  ホテルカリフォルニア以外の名作も数知れず・・・。広大な大地を思い起こさせてくれます。  

イーグルスの名曲、なのは言うまでもなく。 大学で履修している英語の授業が、英語の歌の歌詞をその時代背景に照らし合わせながら訳していく(だいたいのかんじっこで)というおもしろくて結構好きな授業...

すぎむらしんいちはスキな漫画家さん。 真心ブラザーズのアルバムジャケが決まったとき、うれしいというよりびっくりしてちょっと震えた。 すぎむら作の中でも一番好きなのがコレ。...

いままでみた舞台の中で、TOP3に入るね、これは。 単純なさわやか青春劇でもなく、 単なる懐古趣味のお話でもなく、 「いまをいきる」ことの意味を 考えさせられる芝居でした...

人名・団体名Eagles

  • (MA$H)

私の弱い部分です。(笑) 学生時代コピーバンドやっていました。 パートはグレン・フライ。 長髪にベルボはいてグレン気取っていました。 でも、ランディの曲も歌っていたりして...

ミュージックZIGGY STARDUST

  • (ホリヒュー)

グラムロックの大傑作!デヴィッド・ボウイが72年に発表したアルバム。彼がロックスター「ジギー」に扮し、架空のバンド「スパイダーズ フロム マーズ」を率いて繰り広げられる世...

オレのLifetime favorite。売れたのは1stの方だけど,オススメは絶対こっち。マジでアメリカン・ロックの最高到達点の一つだと思う。小田和正が「愛を止めないで...

CD・レコードELO

  • (大門)

今となっては、渋すぎ。これも、ついでに買いました。「DISCOVERY」に収録の LAST TRAIN TO LONDON(邦題:ロンドン行き最終列車)にはしびれました。私にとっては、79年...

1968、The Bandのファーストアルバム。 私がブリティッシュ・インベィションから逃れ、 アメリカン・ロックも聞くようになったキッカケがこれ。 どうカテゴライズして...

R&Bの中のマイ・フェーバリットのひとつ。聞くと体が黙ってはいられない。 「グ リーン・オニオン」はヒップホップクソ喰らえのグルービング! 間違っても、日本での亜流は出て...

スーパーアウトフレージングギタリスト、Scott Henderson とスーパーベーシストの Gary Willis のユニット Tribal Tech の幻のアルバム(廃盤)。この世で最も...

名盤シリーズの第4弾。クラプトンと言えばやっぱりクリームなんだけど、このアルバムはそれらを超えるぐらい突出しています。まさに「クラプトンにしか作り得なかったアルバム」がコレ。燦々と照りつける...

今となっては歴史の生証人となったソニー・ロリンズの代表作であり、言わずと知れたJAZZ Hard Bop時代の名盤。 発表当初はロリンズも若造で、サックスの巨像ナンチャ...

通称「お城のビル・エヴァンス」モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス。 ベーシストのスコット・ラファロを交通事故で失った後、迎えたエディ・ゴメスと、この後マ...

携帯でこのページにアクセス

『Hotel California』

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12232

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ