関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

してぃろーど

シティロード

 90年代のはじめまであった東京の情報誌、というかタウン誌。一時は『ぴあ』と張り合うほど売れてたけど、最後のほうはマニアックになりすぎたせいか部数低迷、あえなく廃刊の憂き目に。いまや一部で「伝説化」してるみたい(ぼくは当事者だったのでそのあたりはノーコメント)。
 でも、いまの東京って、いい雑誌がないですね。世界中どんな都会にも、その都会を代表するシティ・マガジンがあるはずで、いまの東京が『東京ウォーカー』なんかで代表されてはたまらない。ましてや『東京人』なんて…。
 まあ、一誌だけで東京を表わせるような時代じゃなくなってきてる、ってことだと思います。でも、ローカルとしての東京を魅力的に表現してくれる新しい雑誌、なんか出てこないですかねー。あ、「TOKION」ってのもあった。読んでませんが……。

シティロード

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

solar画像 投稿者:
solar
詳細情報
  • 年(代): 1971-1992
  • 発売元: エコー企画
  • 2001/11/24更新
  • 2001/11/24登録
  • 5976クリック

このキーワードを共有する

コメント (9)

最新コメント5件

2001/11/24

「ぷがじゃ」のらもさんの連載がおもろかったよね (遠い目) 。

eno 「花形文化通信」もここの仲間に加えていいのかな? 関西ばっかりですが……。

mic007 でた、ぷがじゃ。いしいひさいちのデビューの地。 シティロードは実は「ぴあ」よりも老舗で、ワシもこっちが好きだった。渋谷公園通りに系列の喫茶店があってガンガン夏木マリをかけていた。(夏期限定。通常はロック)

solar 花形文化通信もなくなっちゃいましたね。でも、嶽本野ばらがブレイクしてよかった。

eno 野ばらさん、先週あるパーティのバンド演奏にゲストで出てました。それまでだらだらとツェッペリンとか演ってたのが、野ばらさんがヴォーカルで入ったとたんに一気にパンクになって、かっこよかったなあ。

つながりキーワード (4)

かつて主婦と生活社から発行されていた雑誌。「ぴあ」とか「シティロード」のような情報誌。別冊アングルはかなり売れていたが、「月刊」はあまり・・・。でも私は好きだった。

70年代音楽世代の星。 1977年、トム・ウェイツの初来日を主催することから始った、いわゆる呼び屋。 サザンロックやウエストコーストロッックを中心に、決してメジャーではな...

バンコクで編集されている東南アジア専門旅行雑誌(月刊)。 特徴はなんといっても、「月刊・旅」から「旅行人」に至るまで、日本の旅行雑誌では慎重に避けられている現地の風俗情報...

東京のいわゆる下町、谷中・根津・千駄木エリアを中心とした生活・地域情報を扱うタウン誌。エリア内の書店をはじめ、いろんな商店に置いてある。地域住民ならたいてい知っている、地...

携帯でこのページにアクセス

シティロード

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12314

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ