関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

スイッチト・オン・バッハ

『Switched-on Bach』

  • 『Switched-on Bach』の画像

高校生のときに初めて聴いたっす。moog systemとマルチトラックレコーダーを使った、バッハの曲は極めて現代的に聞こえたなぁ。

一面壁状態のmoogには圧倒されたけど、いまとなっては....という感じでしょうか(笑)。

作ったのはWalter Carlosなんだけど、いまはWendyという女性になってしまいました(笑)

『Switched-on Bach』

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

おが画像 投稿者:
おが
詳細情報
  • 人名: Walter-Wendy-Carlos
  • 年(代): 1968年発表
  • 2002/01/10更新
  • 2001/11/24登録
  • 4271クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2002/02/28

感心 私が持ってるLPとジャケが違うなぁ。コレ

つながりキーワード (11)

ミュージックWORLDBEAT BACH

  • (まきこ)

Richard Stoltzmanというクラリネット奏者をメインにして、バッハの14曲をいろんなアレンジで演奏しているアルバム。 「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」がサンバ。...

人名・団体名J.S.Bach

  • (ちゃーりー)

けんかっぱやい教会勤めの音楽家。 じゃりんこ(聖歌隊)の面倒を見たり、年がら年中新作を書いていたり(教会の仕事)、ばりばりオルガンを弾いていたり(当時はオルガニストとして...

George Harrison 追悼記念。Beatles 解散前の1969年に発表されたソロアルバム第2作目。約45分間 Moog Synthesizer を全面フューチ...

「シンセサイザー」という楽器の始祖。Bob Moog博士が1954年に興したR. A. Moog社から発売されていたモジュラー型のシンセサイザー。R. A. Moog社の...

第一巻とは変わって、こちらではハープシコードを弾いています。八ヶ岳で<ゴールドベルク~>を録音したときよりもテクニック的に上達しています。 基本姿勢は第一巻と変わらず、各...

ハープシコードではなく、あえてモダン・ピアノで録音されています。またしてグールドと比較してしまいますが、グールドが曲集全体でのタイムのコントロールに注力したのとは対照的に...

キース・ジャレット(ハープシコード)とビオラ奏者のソナタ集。バッハファンなので'95にアメリカでジャケ買いし、やっっっっと最近聴いてます。キースジャレット初体験です。 というのも、ここのと...

いつか買おう、買おうとおもっていて、3年前にようやくゲット。¥20,000くらいで買えました。ちなみにCDで14枚のセットになります。 私が買ったのは、お気に入りのマリ...

アナログシンセサイザー。 当時シンセサイザーといえば壁のようにでっかいモジューラー型しかなかったが、ミニムーグはライブ用にキーボードと一体にし小型にしたもの。 キース...

この映画のサウンドトラックを作ったのはWendy Carlosでした。Switched on Bachなどよりさらに独創性の強い編曲とフェーザーのかかりまくった効果は、この映画の独特な雰囲気...

人名・団体名バッハ

  • (結城浩)

作曲家。 王様から与えられた数音のテーマを元にして即興で4声のフーガを演奏したという天才。 ピアノやチェンバロの演奏家に聞くと、バッハの曲は10本の指が完全に独立に動...

携帯でこのページにアクセス

『Switched-on Bach』

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12380

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ