関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ぐりとぐら

野ねずみ『ぐり』と『ぐら』のお話が描かれた絵本です。
意外と子供の頃に読んだ絵本で記憶に残っている物って少なくて。何度も読み返した物が少なかったのかもしれません。
もぉあのでっかい卵で作るカステラ(さっきまで卵焼きだと記憶していた私)がうまそうでうまそうで‥‥‥
‥‥‥もしかして、記憶に残ってる理由って‥‥‥それ?

ぐりとぐら

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
NYANKO
詳細情報
  • 人名: 中川李枝子(文)
  • 大村百合子(絵)
  • 発売元: 福音館書店
  • ISBN:4-8340-0082-6
  • 2001/11/24登録
  • 10227クリック

このキーワードを共有する

コメント (46)

最新コメント5件

2002/06/15

fumiha 気になったので調べたら「ぼくらのなまえはぐりとぐら―絵本「ぐりとぐら」のすべて。」という本でした。私の空間へリンクしましたので見てみて下さい。

2003/03/17

おまめ ぐりとぐらのカステラ、「今日の料理」にも作り方載ってましたね。随分前ですけど。 でも、写真のイメージが、ちょっと、違うんですよね…。

2003/03/18

NYANKO 「今日の料理」ってあの、NHKの、おなじみのテーマソングのアレですか? ‥‥‥一瞬、ぐりとぐらがTV観ながらメモ取ってる姿を想像してしまいました(わはは)。

2005/06/23

chill わたしもよく読んでましたわ。今でも素敵な絵本をみると買ってしまいます。可愛いいし、純粋な頃に戻りたいという気持ちをこめて。(笑)

NYANKO 絵本って子供だけの物じゃないですよね。純粋な心だって‥‥‥さて、どうでしょう。(わはは)

つながりキーワード (97)

書籍ミーオンブック

  • (すももんが)

ストーリーをアレンジできる絵本【ミーオンブック】 ミーオンブックの最大の特徴は、ストーリーをアレンジできる事。 自分自身の言葉で絵本を作れるので感動が違います。 決ま...

ブック物語のおやつ

  • (赤毛のアンが好き)

松本侑子著「物語のおやつ」は、 懐かしい物語に登場するおやつのレシピを紹介した本です。 『ぐりとぐら』に出てくる、 大きなたまごで作るカステラ。 『メアリー・ポピンズ』...

 クリスマスのプレゼントを2回もらおうとしたしようとした白うさぎの子「ましろ」は、暖炉の煤をかぶって黒いうさぎの子になろうとしました。でもその煤はとれなくなってしまい・・...

書籍ももいろのきりん

  • (ゆうしろう)

絵本…というには字が多いか。子どもむけお話本。 年始のごあいさつをしたおうちで再会しました。 なつかしかった! 女の子が大きなももいろの紙でキリンを作ります。 のりを...

 ギャートルズのあの肉や、ハイジのあのチーズ。 憧れの食べ物たち。

大人気、ノンタンシリーズの我家ファーストブックとなった一冊。 「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、おまけのおまけのきしゃぽっぽ、ぽーとなったらかわりましょ」の数え...

子どもの頃に読んだ絵本、「あらすじはなんとなく覚えてるけどタイトルが……」とか「こんなワンシーンだけ覚えてるんだけど……」ってことありません? 本の探偵ことあかぎかんこさ...

小中学生が、知床半島の海岸線を、探険する様子を絵本にしたもの。 正直、大人でもそれ相応の装備がないと、足を踏み込んで行けないような奥地と言っていい。 それを、20年も続...

絵本。与謝野晶子/おはなし 高部晴市/え 歌人・与謝野晶子が童話を書いていたなんて、しらなかった。それもこんなシュールな童話を! 3匹の金魚が3人兄弟に頼まれて、お使...

中川李枝子さん、山脇百合子さんと言えば「ぐりとぐら」を思い出す方が多いと思いますが、私は真っ先に「いやいやえん」を思い出します。それぐらい、何度も母にせがんで読んでもらった本です。 しげる...

あおむし絵本といえばエリック=カール著の「はらぺこあおむし」ですがこれはまた違う絵本です。 ある日男の子は小さなあおむしを拾って育てはじめます。 するとそのあおむしはな...

大きな都会・カミツ市のビルの汚れた壁のしみから生まれたかいじゅう・シーシー。見た目は昔の恐竜そっくりだけど、色はコンクリート色。シーシーは自分を発見してくれた清掃係のヘイ...

Amazonにて検索して見つけました。 あの名作絵本「ぐりとぐら」愛読者の為の副読本。 誕生秘話・作者へのQ&A・カステラレシピ・衣装の作り方・各国語に翻訳された文章のさわりの部分紹介・世...

子供の頃に読んだ懐かしい絵本。 その本が時代を超えて、私の子供達にも愛されている。 「このよで いちばん すきなのは~」の部分、 とてもリズミカルで子供達もすぐに覚えてし...

小3の娘がど~~~しても買いたいと言い張り、あまつさえ安くもないのに、お小遣いで買った絵本です。 絵本と言うより、写真絵本かな? ドールハウスのような、凝った作りのジオラマの中に、ナニかが...

ブックおしいれのぼうけん

  • (ののがきあつこ)

小さいとき好きだった絵本シリーズ。これもポピュラーだったと思われるが、舞台となっている保育園という施設に私が通ったことがなかったので、子供ながら「みんなでお昼寝すること」...

だるまちゃんは、お友達のてんぐちゃんが持っている物がなんでもうらやましくなってしまって、家に帰ってはお父さんにおねだり。お父さんもなんとか応えてあげようと、頭をひねってア...

親戚からもらった「せな けいこ」の絵本ビデオ。「おばけ」は子供にとって怖い存在だが、この「せな けいこ」の絵本に出てくるおばけはユーモラスがあり、どことなくかわいい。見て...

ブック「鼻の島特急」

  • (ののがきあつこ)

学生時代に旅先の本屋で一目ぼれして買った絵本。耳が大きくて悩んでいるトムが、鼻の島に住むおじさんに招かれて旅をする。子供向けかと疑うほどにディテールまで描かれてて、さらに...

本屋で絵本を見ていたら、ふと目に入った「ぼくのくれよん」という絵本。リズミカルな展開と、絵がすごく可愛くて楽しい一冊。ぞうさんが青のくれよんを塗ると、カエルが池だと思って...

携帯でこのページにアクセス

ぐりとぐら

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (1)

リリー フランキーの東京タワー

  • くちこみ評判良品 | Tracked: 06.4.17 7:27 pm

ココリコミラクルタイプにも出ている リリーさんの本です

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12440

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ