関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ムラカミリュウ イーメールノタツジンニナル

村上龍『eメールの達人になる』

  • 村上龍『eメールの達人になる』の画像

なんでこんな本を村上龍が書くはめになったのか、想像することしかできないし、内容も特別テンションの高いことが書いてあるわけじゃないんだけど、なんか、おもろい。
そう感じるのは、ぼくたちと村上龍がまったく同レベルでメールを使い始め、普段使っているからだろう。メールに関して同じ事に悩み、同じ感想を抱いている、そんな奇妙な連帯感が、この本におかしみを持たせている。

<引用>
メールの達人というのは、コミュニケーションに対して自明性を持たない人のことなのかも知れない。つまりメールの達人になるためには、コミュニケーションは本質的に非常に困難なものだという自覚がまず必要ではないかと思う。またメールの達人というのは案外永遠にコミュニケーションで悩ましい思いをしている人ではないだろうか。これでもう大丈夫と確信した瞬間に、コミュニケーションを正確に簡潔にしなければという危機感が失われる。

村上龍『eメールの達人になる』

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
Hidex
詳細情報
  • 発売元: 集英社新書
  • 2001/11/25登録
  • 3124クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (4)

高塚人志著。 たいていの職業ではヒューマンコミュニケーションがストレスの第一位らしいが、高塚先生は、高校生、医学生と保育園児、高齢者とのコミュニケーションを通して、人と人...

ほぼ日刊でメールマガジン「フェイスペィンティング」発行しています。 女の子は恋に仕事にタイヘン! 未来のある恋愛をしている人もそうでない人も、たくさんの人に読んで欲し...

ブック本2001

  • (Hidex)

今年読んだ本を振り返りたいと思います。 目標年内週3冊! ベストはなんといっても電気グルーヴ『メロン牧場--花嫁は死神』でしょう。 そのほか、今年は大きいものは読まなかったなあ。

人名・団体名村上龍

  • (ナガセ)

どこから湧いてくるのか?終わりのない執筆活動を続ける村上龍。JMM主宰。商業主義的と批判されつつも、子供のように旺盛な好奇心で、政治経済からインターネットや少年問題まで、...

携帯でこのページにアクセス

村上龍『eメールの達人になる』

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12642

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ