関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

80にちかんせかいいっしゅう

80日間世界一周

ジュール・ヴェルヌの代表作。
イギリスの紳士であるフォッグ氏が、従者パスパルトゥーを連れて80日間で世界一周をしようという賭の模様を描いた小説。

ただいま翻訳中。指摘お願いします。

80日間世界一周

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
  • 2001/11/26登録
  • 2594クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2005/10/09

島崎丈太 映画版、先日家族と一緒に観たのですが、ある意味では当時の「世界不思議大発見」みたいなものだったのか? 日本の代表的な風景が鎌倉の大仏だったりしたのは面白かったです。 原作により忠実な書籍版も読んでみたいです。

つながりキーワード (3)

文学的な意義はともかく、見て書いたんじゃないかって思える未来像 (1960年を想定) がすごい。内燃機関発明の数年後の作品なのに自動車社会、高層アパルトマンに鉄道網、演劇...

翻訳を志す人ならば、このお方の翻訳に関する著書を一冊は読んだことがあるでしょう。と思いたい。 できるだけこの人の教えに沿うように翻訳していきたいです。

『伽藍とバザール』の翻訳で有名な山形浩生が主宰のフリー翻訳サイト。フリーな文書を翻訳して公開してしまおうというもの。 フリーテキストで有名な「青空文庫」の翻訳版と考える...

携帯でこのページにアクセス

80日間世界一周

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12943

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ