関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案

ガリバー旅行記の作者であるジョナサン・スウィフトの代表作のひとつ。経済合理性の残酷さに戦慄するもよし、21世紀のキーワードのひとつである「貧乏」について考えるもよし。

ただいま訳を改訂しようと思ってます。読んで指摘していただければ幸いです。

アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
  • 2001/11/26登録
  • 3039クリック

「アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案」を検索

このキーワードを共有する

コメント (1)

2001/11/26

クロイイヌ NHKの方の「街道を行く」でアイルランド特集をやったときに紹介してましたね。ひでぇ話しです。

つながりキーワード (5)

ガリバー旅行記は知っているでしょうか。せいぜい 小人国のこと位しか知らないのではないでしょうか。 この本では、実は大著であるガリバー旅行記を、 効率よくはしょって読みたいという読者のための ...

翻訳を志す人ならば、このお方の翻訳に関する著書を一冊は読んだことがあるでしょう。と思いたい。 できるだけこの人の教えに沿うように翻訳していきたいです。

パレートが発見したのは 1.人口に占める比率と、所得・資産総額に占める比率との間に、一貫して数理的な関係がある 2.この不均衡のパターンが、時代を問わず、国を問わず、集めたデータを調べた限り...

「貧乏」という問題を考察した本としては古典に入ってますが、 いまでも通用する本だと思います。 著者・河上肇自身が絶版にしちゃった本としても有名。 というか、この人著書のほとんどを絶版にした...

『伽藍とバザール』の翻訳で有名な山形浩生が主宰のフリー翻訳サイト。フリーな文書を翻訳して公開してしまおうというもの。 フリーテキストで有名な「青空文庫」の翻訳版と考える...

携帯でこのページにアクセス

アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12945

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ