関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ピーナッツ

PEANUTS

  • PEANUTSの画像

世界的に有名なビーグル犬“スヌーピー”が登場するアメリカの新聞漫画。
1950年10月2日から2000年1月12日までの約50年間、アメリカを中心に世界各地の新聞に掲載された。

基本的に登場人物は全て子供だが、そこには大人の社会の喜怒哀楽が投影され、深い心理描写や社会風刺には高い評価を得ている。
日本では“アメリカ版サザエさん”と比喩される事が多いが、サザエさんは磯野家(及びフグ田家)の近所づきあいを通して社会を描いている事に対し、PEANUTSは子供達の人間関係を通して社会を描いているという部分は、共通するところでもあり、お国柄が良く表れている部分と言えるだろう。

日本語では「A PEANUTS BOOK featuring SNOOPY」「SNOOPY BOOKS (PEANUTS BOOKS)」「スヌーピー全集」等で読む事が出来る。
大半の訳は詩人の谷川俊太郎氏が担当された。

PEANUTS

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

SYN画像 投稿者:
SYN
詳細情報
  • 年(代): 1950 - 2000
  • 地域: アメリカ
  • 人名: 著者:チャールズ・M・シュルツ (Charles M. Schulz)
  • 2001/11/27更新
  • 2001/11/26登録
  • 4826クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (28)

世界中で愛され続ける『PEANUTS』のクリスマス・スペシャルTV番組用のサントラとして制作された素敵なジャズ作品。1965年のリリースから様々な形態でリリースされており...

スヌーピーの仲間たちが思う、幸せについての本です。 例えばライナスは、 "Happiness is a thumb and a blanket."(幸せは、親指と毛布。...

もちろんピーナッツ、つまりスヌーピーたちが大好きなんですけど、今更私が登録しなくてもたくさんの方が登録されているので、ちょっとヒネってみました。 これはディノスでやって...

 チャールズ・M・シュルツ氏のコミック、PEANUTSの専門誌(新作及び関連情報)。70年代ですね。  訳は鶴書房と同様、谷川俊太郎。スヌーピーグッズはほとんど持ってなかったけどまんがは好...

ビーグル。6歳メス。 ビーグルの語源はフランス語の「小さい」だとする説が有力なんだそうです。確かにハウンド系の中では小さい方。 「明るい」「やんちゃ」「甘えん坊」「ダイエ...

スヌーピーの生みの親、シュルツさんはサンタロサに住んでいたそうで、それを記念して美術館ができたそうです。隣にスケートリンクとギフトショップもあります。 入り口にはピーナ...

朝日新聞夕刊に連載されていた4コマ漫画。 うちは朝日じゃないので知らなかったんですが、友人が切抜きをためて見せてくれ、単行本も貸してくれ、かなりヤラレてしまいました。 ...

人名・団体名TELEX

  • (TECHN'O'TAKU)

「ベルギーのクラフトワーク」と称される 3人組テクノポップユニット。 フレンチ方面のおしゃれ&アンニュイな感じと ピコピコサウンドの心地よさがたまりませン。

「宗教やってるやつは、何でもかんでも宗教の視点から解釈しようとする」と思うなかれ。聖書を読むのがめんどくさい(?)人におすすめの、PEANUTSを題材にひもとく、とっつきやすい聖書入門です。...

漫画PEANUTS

  • (ちーそん)

小さい頃からスヌーピーが好きです。 谷川俊太郎訳の漫画も、親にねだって買ってもらったりして、読みふけってました。 幼かった頃はライナスがお気に入り。自分も彼のようにお気...

私がハロウィーンなるものの存在を知ったのは、『ピーナッツ』からだったと思います。 ハロウィーンの夜、カボチャ畑から立ち上がって空を飛び、良い子にプレゼントを持ってきてく...

わたしの好きなあるいは関心のある本や作家をリンクしてみました。

書籍olivia

  • (TOMO*)

周りの人をヘトヘトにするのが得意な子豚の日常を描いた絵本。雑誌『ニューヨーカー』の表紙を手がけているイアン・ファルコナーの作品。ストーリーは至ってシンプルだけど、なんだか...

クレーの描いた天使たちの絵とその絵を主題とした谷川俊太郎氏の詩。 天使がいっぱい。忘れっぽいのから、泣いているの、おませなの、ひざまづいてるの、希望に満ちてるの、用心深い...

1965年、PENUTS 最初のアニメ作品 "A CHARLIE BROWN CHRISTMAS"のサントラ。色んなクリスマスソングがペーソス溢れるジャズになっています。...

 2年ほど前、シカゴに住んでいるとき週末の楽しみのひとつにシカゴ・トリビューンの日曜版を読むことがあった。日曜版は持ち歩にのもずっしりくるほど色んな情報が詰まっていた。目...

どちらかというと、初期のころの作品が好きかもしれません。選集になってしまいますが、「これが私の優しさです」(集英社文庫)とか、大好き!  ここにいま 私はいる  ほんとうにここにいるから ...

1948年10月2日、ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。Parsons School of Design 在学中にAnne Kleinでインターンをし、卒業後アシスタ...

「PEANUTS」で演奏された音楽を担当した作曲家・ピアニスト。 (1928-1976) この季節..「A CHARLIE BROWN CHRISTMAS」を聴くのに最良...

30年ほど前に出されていた「PEANUTS BOOKS」というシリーズを、発行元の鶴書房が潰れた後、角川書店が版権買い取って出されていたシリーズ。 全86巻だが、ツル版の引継は60巻までで、...

携帯でこのページにアクセス

PEANUTS

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-12986

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ