関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

探偵小説

エドガー・アラン・ポーによって創始され、1930年くらいまではおそらく「ミステリー」とみなされた唯一のジャンル。有能な探偵が事件を解いていくのであるが、「探偵が問題を解く前に読者が謎を見破れる可能性を提供しなければならない」というルールを守らなければならないため、1980年ごとまでには衰退していった。とはいえ、「ミステリー」のもっとも正統的なジャンルであり、古典として生き残っているものが多い。

作者が亡くなってからおおよそ70年経っていることが多々あるので、インターネット上に置くことになんの問題もないのだが、日本語のものは少ないのです。だれかあげてくれないかな。

探偵小説

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
  • 2001/11/26登録
  • 2461クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (19)

書籍黒猫

  • (Kanna!)

忘れもしない小学3年生の休み時間。図書室で手にした小さくて派手な色の本のなかに収められていました。酒癖の悪い主人公が可愛がっていた猫を殺してしまうことから歯車が狂い始めます。飼い猫との距離感...

エドガー・アラン・ポーのストーリーと サイモン・マースデンの写真が 絶妙にマッチする写真集 そこには崩れかけた古城 草むした墓地 暗がりにたたずむ黒猫 闇に浮かびあがる美...

衒学満載の奇書「黒死館殺人事件」の著者。芥川賞作家の平野啓一郎氏と作風が似ている。

「恐怖王」はオチのないまま終わってしまった奇作、というかどうみても失敗作。乱歩の私淑者である大槻ケンヂすら「恐怖王」のことを「アホ王」と言い切っている。

日本文学史上に燦然と輝く奇書「ドグラ・マグラ」の著者。巨頭長顔の持ち主。ブーーーーーーーーーン。 ☆日本文学史上最大級の奇書「ドグラ・マグラ」は角川文庫から 発売中。上下巻。途中の「キチガ...

・・・頭脳パン。 ・頭脳パンとは小麦粉100g中ビタミンB1を170ガンマー以上含有した頭脳粉で作られたパンです。 ・小麦ビタミンB1があたまをよくするとは「頭のよくな...

乱歩がデビュー時からメインに執筆していた雑誌「新青年」に連載された「探偵小説三十年」、同誌の廃刊と共に雑誌「宝石」移って続けられた「探偵小説三十五年」に補足をした記録体自伝。 オーソドッ...

これまで読んだ推理小説といえば「アクロイド殺し」「モルグ街の殺人」程度で、ミステリに関する予備知識はほとんどなかった。たとえばそういう人間が、久しぶりにミステリでも読んで...

S.S.ヴァン・ダインが、探偵小説を書くときのルールを明文化しようとして書いたものです。 この文章は、ヴァン・ダイン自身がフェアプレイ精神に乗っ取って謎を提出することを表明しています。たと...

三重県名張市生まれ、名古屋育ち(3歳の時、父の仕事の関係で移ったんだそうです)。 言わずとしれた、探偵小説界の大ボスにして大作家。

本名小酒井光次。名古屋生まれである。京都の第三高等学校(いまの京都大学)、東京大学医学部、そして大学院を卒業して医学博士、そして教授になるも、肺結核という持病のために研究に取り組めなかったた...

ドロシー・セイヤーズの推理長編。探偵はピーター卿だが、主人公はピーター卿…でなくハリエット・ヴェイン。ピーター卿が既に45歳であることがちとショック。 文庫の癖に1000円を越すだけあって、...

やば、これ以外にもシリーズ化しているのに これしかないよ。というわけで、これだけ登録します。 多くの作者は容疑者をありきたりの顔ぶれから外すというずるい方法を用い、(中略)詐術を行うところ...

探偵小説、推理小説に使われるトリックを いくつか科学の目で分析してみました。 科学の目と文学の目、どちらでみても すばらしいトリックはそうないでしょうね。 それより、文学性のためなら科学的...

江戸川乱歩が『宝石』に書いたルーブリックや、その他他にのっていない評論、随筆をあつめ、取り上げた人たちが乱歩について書いたものも加えて編集された本。 日本探偵小説界については網羅されている...

ファイロ・ヴァンスの創始者。探偵小説に関する論文も書いてまして、戦前はこれがいいブックガイドになったそうです。ちなみに今翻訳中。 なんてことはどうでもよくて、個人的には「グリーン家殺人事件...

推理小説家。実際にはダネイとリーという2人の作者の合作。 シャーロックホームズと江戸川乱歩しか知らなかった私がはじめてクイーンを読んだのは小学校の5年生頃。確か『エジプト十字架の秘密』だっ...

 最近ちょっとした興味でシャーロック・ホームズについて調べると(ホントはレストレードについてしらべたんだけど)、世の中にはシャーロック・ホームズの文章をそのまま置いてあるページがある。これっ...

推理小説。チェスタトン特有の警句と逆説に満ちた文章を通して、ブラウン神父という素朴な性格が描かれるのは不思議な気持ちがします。 あなたがたが犯罪を恐ろしいと思うのは、自...

携帯でこのページにアクセス

探偵小説

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13039

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ