関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

アイアンマウンテン報告

副題を「平和の実現可能性とその望ましさに関する報告」といいます。その名の通り、(アメリカ合衆国に)平和が訪れるとしたらどうなるか、そしてそれによる影響はどうなのか、をとある委員会が検討した結果を書いたものです。

というか、これは作者によるいたずらなんですが、作者の意向を超えてしまった本と言えるでしょう。ぜひ読んでいただきたい。

あ、これ絶版なのでしたね。ごめんなさい。

アイアンマウンテン報告

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
詳細情報
  • 発売元: ダイヤモンド社
  • 価格: 1600円
  • 2001/11/26登録
  • 3546クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2001/11/26

おが 著者の意図(いたずら)とは別に「戦争は国家の利益である」という内容があまりにも衝撃的すぎて、偽書ではないという話しまで出来ているんですよね。いまのアフガン空爆を見ていると、あながちシャレになれない感じもします。

つながりキーワード (4)

通称「FRB」、連邦準備制度理事会と言ったら、今の日本でも経済ニュースを少しでも気にかける人なら聞いたことがある名前でしょう。 米国の大統領が決まって、次に注目されるのは...

評論家、翻訳者。本業はシンクタンク研究員。著書に「新教養主義宣言」「山形道場」「コンピュータのきもち」などがある。ここ数年、ものの考え方について影響を受けまくっている。 ご本人が関心空間に登...

自分で編集した本なので手前味噌ですが。 世に出回っているコンピュータや情報機器などがいかに使いにくいか、またその原因は何かを突き止め、使いやすい製品を作るにはどうしたらい...

1995年5月に「売れるわけがないでしょう」という出版社(洋泉社)営業の予想に反して、一気にベストセラーになり社会的にも結構話題に。続編も次々と出た本。 内容はいまさら...

携帯でこのページにアクセス

アイアンマウンテン報告

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13107

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ