関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

暗号の秘密とウソ

  • 暗号の秘密とウソの画像

セキュリティとはプロダクトではない。プロセスだ。パッケージ化されたセキュリティ製品なんて作れない。すべての暗号は破られる。すべてのパスワードは破られる。オンラインショッピングを可能にしているのはSSLではなくカード会社だ。電子マネーはうまくいかない。ネットのセキュリティはこれからどんどん悪くなる…。

世界のトップレベルの暗号学者が分かりやすく解説するセキュリティの本。

暗号の秘密とウソ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

結城浩画像 投稿者:
結城浩
詳細情報
  • 人名: ブルース・シュナイヤー
  • 山形浩生
  • 2001/11/26登録
  • 1802クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2001/11/26

gt 「Secrets & Lies」の翻訳ですね。まさかこんなに早く訳されるとは思ってなくて、山形さん(と出版社)に感謝かも。私は3年ほど前にシュナイアーにインタビューしたことがあります。一部はWired Japan最終号(98年9月)に載っています。残りは....そのうちウェブにでも上げたいと思ってるまま、まだ手つかず。

つながりキーワード (3)

機密性、完全性、可用性の3要素で説明され、情報コミュニケーションや物流など幅広いジャンルの安全、安心を説明する概念。主に、情報分野で知られる業界と、生活空間のような分野で知られる業界が存在し...

スティーブン・レビー著、日本語訳タイトルは「暗号化」(うーん、このネーミングちょっと今一かも) レビーが10年近く追いかけていた題材がついに刊行。アメリカでは2001年のRSAコンファレンス...

コンピューターセキュリティの大御所、ブルース・シュナイアーの出している月刊メールニュース。セキュリティの話題が読みやすくまとめられているので、その手の話題が気になる人は必読。ただし英語よ。申...

携帯でこのページにアクセス

暗号の秘密とウソ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13183

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ