関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

  • ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法の画像

『ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』をまた読み返している。この本には、文章を書く仕事をしている人に役に立つヒントがたくさん詰まっています。

本を読んで気になったページの端を折っておけ。文章が書けなくなったらフォームを守れ。自分が「いい文章」だと思うものを分解して真似るための方法。実際、福田和也さんのこの本自体がとても読みやすい。文章の話とか仕事の話っておうおうにして個人の趣味に走ったり、妙に衒学的になったり、自慢話に終始したりしがちなのだが、この本は平易な言葉で、自分の経験に根ざした具体的な方法を分かりやすく記述している。

「いい仕事」をしたい人にお勧めの本ですね。

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

結城浩画像 投稿者:
結城浩
詳細情報
  • 人名: 福田和也
  • 2001/11/26登録
  • 2383クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2002/12/19

cerulean blue 買いました。読みました。やさしくよめました。文章を書くのは難しいと思い知りました。

つながりキーワード (5)

ホームページライター

  • (結城浩)

読者の心に火をつける仕事。というのは冗談ですが、コンピュータ関連の文章を書く仕事をしています。 コンピュータ雑誌への投稿からはじまりました。編集の人が私の文章を気に入ってくれて、じゃあ連載...

まだ若いサイトです。 登録している人は読んだ本の書名・出版社・評価(★の数)だけを自分のページに記入していきます。携帯電話から自分の既読本を検索することもできます。簡単だし読んだ書名をずらり...

「元『宝島』編集・村松恒平が文章の書き方についてのよろずご相談にお答えします」というキャッチフレーズのメールマガジン。 『ベストセラー小説の書き方』とは対極的に、テクニックよりもまず「文章を...

福田和也の著書。 この本に収められている川端康成論は素晴らしい。 90年代に日本語で書かれた文章のなかで最も優れたものの一つだと思う。 白状すると読んで泣きました。 普通の意味での「論」で...

アメリカモダン・ホラー界のベストセラー作家が明かす、タイトル通りのガイドブック。 一読してわかるのは、「作家性」「情念」「内面の人間性」といった、日本の出版界のオヤジども...

携帯でこのページにアクセス

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13189

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ