関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

びんぼうものがたり

貧乏物語

「貧乏」という問題を考察した本としては古典に入ってますが、
いまでも通用する本だと思います。

著者・河上肇自身が絶版にしちゃった本としても有名。
というか、この人著書のほとんどを絶版にしたらしいが。
絶版にした理由も読めば分かりますが、結論が以外に安易なのがその理由と思われます。

貧乏物語

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
詳細情報
  • 発売元: 岩波文庫
  • 価格: 200円(古本なので)
  • 2001/11/27登録
  • 1568クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (1)

ガリバー旅行記の作者であるジョナサン・スウィフトの代表作のひとつ。経済合理性の残酷さに戦慄するもよし、21世紀のキーワードのひとつである「貧乏」について考えるもよし。 ただいま訳を改訂しよ...

携帯でこのページにアクセス

貧乏物語

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13397

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ