関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ユーゲント・シュティール

ユーゲント・シュティール

  • ユーゲント・シュティールの画像

ドイツ版アール・ヌーボー。直訳すると「ヤング・スタイル」(笑)。当時ミュンヘンで発行されてたイラスト週刊誌『Jugend』に由来するそう。日本の文芸雑誌『白樺』のマークをデザインしたフォーゲラーが有名ですネ..竹久夢二も影響受けたらしい。

アール・ヌーボーの絵って..イギリスやフランスとかでのミュシャっぽいのが発端で、ドイツ行ってオーストリアでクリムトがウィーン・セセッション(分離派)を起こした的な流れ。この辺のアートは何を見ても花鳥うねうね状態で、ヨーロッパ中の雑誌がヒタスラかわいく、ハマってしまいます。

ユーゲント・シュティール

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

sa画像 投稿者:
sa
  • 2001/11/28更新
  • 2001/11/28登録
  • 3309クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2001/12/31

ohsamu 1/2からBunkamuraでウィーン分離派展ですね。

つながりキーワード (6)

ヴォルフガング・ライプを見に竹橋に行ったところ、同じ国立近代美術館でヘルマン・ムテジウスの展覧会が開かれていた。バウハウスから綴られることの多いドイツ近代デザイン。この展...

竹久夢二の好きな人は、夢二の美人画が好きな人が多いのかもしれないけれど、私はどちらかといえばグラフィックデザイなーとしてのセンスの方が好き。岡山の郷土美術館で見た装丁した本も好きだし、千代紙...

人名・団体名bauhaus

  • (ぬほりん)

1919年、ワルター・グロピウス校長のもと、ワイマールに開設された国立学校。最初は単なる建築家を養成する造形学校だったが、ハウハウスのモダニズムは極めてアバンギャルドな性...

オーストリアの画家。クリムトの弟子。ロリコン。僕らの心の病。すっげえ綺麗なナルシシズムとエロティシズム。荒木飛呂彦とかきっとこの人好きなんだろうなあ。緊張感のある画風で、「死んでも俺は屈しな...

画家のグスタフ・クリムトの「接吻」という作品が大好きです。作者の経歴も作品の意味も、描かれた状況も何一つ知りませんが、この絵を見ると愛する人に包まれているような、安心感を...

世紀末の退廃モードバリバリのアート。 素敵です! 問題です! 数年前に、伊勢丹でやってた美術展を見に行ったら...濃かった...。 濃いけど繊細なとこが好き。

携帯でこのページにアクセス

ユーゲント・シュティール

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13682

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ