関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

桂枝雀

  • 桂枝雀の画像

NHKの連続ドラマ「ふたりっ子」などに役者としても活躍した落語家桂枝雀はその生真面目さから極度の鬱となり1999年4月19日に自殺した。今日の日経新聞“私の履歴書”で師である桂米朝が枝雀の自殺について触れている。哀れでなぜか胸を打つ。

以下、要約。

枝雀は襲名直後から鬱に悩んでいた。ある時は地球滅亡を信じるようになり、話しの枕で地球からロケットで脱出するとなると役に立たない落語家が最後ですな、と言っては客から笑いをとっていた。しかし当の本人は真剣だったのだ。(何を笑ってまんねん)「これホンマの話しでっせ」とついに高座で泣き出すのであった。

桂枝雀

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
ご隠居
  • 2001/11/28登録
  • 16953クリック

このキーワードを共有する

コメント (8)

最新コメント5件

2002/02/23

ご隠居 彼を知る人から又聞きし、曖昧な記憶なのですが.....「日本人はよく雑誌を下から引き抜くけれども、私は手垢のついた一番上の雑誌が有り難い」と話していたそうです。“手垢の哲学”意味深長な話しだと長く記憶に残っています。

2002/04/24

D’ 僕も大好きでした。仕事場のパソコンにも、失礼ながらmp3に変換して入れてあります。

2002/07/24

grover 中島らもが「こんなに笑いをつきつめていたら、枝雀さん、落語ができなくなるんじゃ。」とコメントしてましたが、年期の入ったアルコール依存症の彼には、伝わるものがあったんでしょうか・・・

2003/02/25

密偵おまさ 「なにわの源蔵捕物帳」(だったと思うのですが・・・)でも好演してましたね。あの番組、もう一度見たいな・・・

2005/09/09

ひよ鍛冶 伝統の継続と新境地の開拓(英語落語とか仕草落語)、そんでもってお笑いとしてのとっぴさと俳優としての重み・・・ちょっと一人で多く持ちすぎちゃった人だったなと思います。 もう一寸見たかったなぁ、たこちゅーな顔しながらパタパタさせるやつ・・・・

つながりキーワード (15)

CDの方も買ったのですが、枝雀師匠の場合、そのかわいらしいお姿を観たくってDVDの方にもついつい手が出てしまいました。 師匠の芸は一見奔放な志ん生型に見えますが、実は練...

桂枝雀が亡くなって、もう10年になるのだそうだ。高座に上がっただけで、客席に笑いが広がる。おもろかった。その枝雀さん、生きていたら8月で70歳になっていたのやそうな。枝雀...

今年の4月で桂枝雀さんが亡くなられてから10年になりました。4月にはNHKの関西向けの番組(関西思い出シアター)で、枝雀さんの映像を見ながら、一番弟子の桂南光さんに思い出...

人名・団体名桂 枝雀

  • (めるもちゃん)

昔、笑いが止まらなくなったことがある。腹筋が痛くなるほど。 関西と違って、いわば免疫ができていない地方のお客様は、全員が枝雀病にかかってしまって、もう苦しいぐらいに笑い転げるわけです。 ・...

若手の上方落語家さんです。写真は上方落語協会のサイトから頂きましたが、若いですね。実物はもう少し貫禄ありました。今日、落語会で話を聞きました。演目は「天狗裁き」、たぶん。...

桂枝雀さんが,数ある噺の中から60を選んで解説しています。 噺に対する考察が,鋭いだけでなく愛にあふれています。登場人物への愛着など,まるで家族に対するようです。 また,...

エンターテイメント枝雀落語物語

  • (ウエブ電藝)

●桂枝雀(二代目)は、天才であった。天才が過ぎる程の超ド天才であったと思う。彼には、師匠の無形文化財人間国宝の桂米朝をして適うことのできない才能があった。何が惜しいといって、桂枝雀が大阪から...

人名・団体名桂枝雀

  • (ワク)

人を笑わせ、楽しませ、幸せな時間を与えることはそんなにも難しいことなのか。この人が自殺したときの感情はそんなちょっとした絶望感でした。でも多くの人に幸せな時間を与えたこと...

昨日(H.13.11.13.)、鬱病とアルコール依存症と診断されてしまいました。睡眠剤、抗うつ剤、精神安定剤を処方されたのですが、薬を飲むと眠たくなって閉口です。  その後、半年近く経ちま...

エンターテイメント落語

  • (密偵おまさ)

先日、はじめて寄席で生の落語を聞いたばかり。 それ以前から、古今亭志ん朝師匠の語りが好きで、CDを聞いたりはしていたのだが・・・。 まさか、こんなに若くして他界されるとは思ってもみなかったの...

エンターテイメント桂米朝 一門会

  • (Poughkeepsie)

10/6 初めての生「米朝」師匠 開演前、来客の為偶然開いた楽屋口から、師匠の姿が見えた。TVでみるいつものおだやかな笑顔だ。(普通のホールだったが故の幸運!) 千人...

エンターテイメント落語

  • (ちょも)

笑点ばかりが落語じゃない 生で聞くのが一番

 今晩7/29(月)深夜つまり7/30の0:15ー1:20 NHK総合。再々放映!  歌舞伎座での最後の公演。   体調が万全でなく、なんとかカバーしたものの”百年目”最後の方で、本人曰...

   山藤章二さんの似顔絵をそのままアニメにして古今亭志ん生の高座を再現したビデオをごぞんじの方もいると思う。そのアニメの製作者,小島豊美さんが作ったすごいCD-ROM。...

   今は亡き興津要先生が編集した古典落語全集,講談社文庫から全6巻(上・下・続・続々・続々々・大尾)で出版された。刊行開始は1972年,大尾が74年,総収録噺数197。...

携帯でこのページにアクセス

桂枝雀

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13711

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ