関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ソレハジョウホウデハナイ

それは情報ではない

  • それは情報ではないの画像

インフォメーションアングザイエティ2という本

エクスペリエンスデザインっていうネイサンシェドロフ氏の本を読んだ後に購入。
自分の中でなんとな~く思っていた「"自分にとっての当たり前とひとの当たり前"意識したコミュニケーション」とか、「人はいったん知ってしまうと、知らなかったことを忘れてしまう」といったキーワードがずしりと響く。コミュニケーションとか、理解させるということの本質を理解することは普段の生活にも、会社でも生かせそう。

とか偉そうなこと言ってみたり。

それは情報ではない

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

kazuya画像 投稿者:
kazuya
詳細情報
  • 価格: 2800円
  • 2001/11/28登録
  • 2943クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2006/08/04

島崎丈太 リチャード・ワーマンの本ですね。 発注しようとしたらアマゾンでは新刊がもう入手できず、中古になりましたが、届くのが楽しみです。

つながりキーワード (6)

書籍理解の秘密

  • (八兵衛)

タイトルが違ってるよ、(理解の神秘->理解の秘密)という御指摘をいただきました。ありがとうございました。恥!。(2002.06.21) 会社の『新人に読ませたい本』アン...

「情報の視覚化」というテーマで取り上げられることの多いRichard Saul Wurman(ワーマン)が、アメリカに関するさまざまな事実を統計データを利用してまとめた一...

10年ほど前に出た、元祖「情報デザイン」みたいな本。著者は、本家情報デザイナー・情報建築家であるリチャード・ソール・ワーマン氏。現在絶版で、復刊ドットコムで復刊リクエストがかかっている(下記...

認知科学の(カリスマ改め)ドン、ドン・ノーマン先生の新刊。「複雑さに別れを告げ、"情報アプライアンス"へ」という副題がついてますが、ちょっとこの翻訳はわけわからん……。

自分で編集した本なので手前味噌ですが。 世に出回っているコンピュータや情報機器などがいかに使いにくいか、またその原因は何かを突き止め、使いやすい製品を作るにはどうしたらい...

書籍Peopleware

  • (もも)

友達に借りて読んでいます。今。 副題に「ヤル気こそプロジェクト成功の鍵」と書いてあり、 ・・・ま、その通りだよねぇ・・・とか思いながら読み始めたんですが、なかなか面白くて(て面白いのかヨ)...

携帯でこのページにアクセス

それは情報ではない

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-13834

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ