関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キース・ジャレット - フェイシング・ユー

Keith Jarrett - Facing You

  • Keith Jarrett - Facing Youの画像

キースのECM第一弾アルバム。プロデューサーのマンフレート・アイヒャーからは、トリオとソロのどっちがいい?と訪ねられ、ソロにしたという。これは、キースがまだマイルズのバンドにいた頃に、マイルズ・バンドの北欧ツアーの合間をぬってオスロでレコーディングされた。
簡単なモチーフのメモを持ち込んで演奏したらしいが、アルバム一枚分録り終えるのに3時間ほどしかかからなかったという。

しかしながら、演奏は魅力的で発表された当時は、オスカー・ピーターソンをはじめとして各方面から絶賛された。今のキースとは異なり、饒舌かつ多彩な演奏が聴ける。しかし、うねるようなグルーヴはこの当時から共通かも。

Keith Jarrett - Facing You

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
  • 2001/11/28登録
  • 4114クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (1)

2003/11/14

イゴォ このアルバムの2曲目、すばらしい。

つながりキーワード (9)

スイスの恐るべきピアニスト、ニック・ベルチェ率いるRONIN(浪人)待望のECM2作目。研ぎ澄まされたパルスが、禁欲的なミニマリスムと破壊的なグルーヴを行き来する「ここ数...

北欧の人気ピアニスト、ボボ・ステンソンの5年ぶりのECM作品。 Amazonで見る http://www.amazon.co.jp/gp/... Bobo Stens...

ノルウェーのピアノ・トリオによる3作目。ECMより。間を聴かせる、アンビエンスで静謐な世界。 試聴 http://www.amazon.co.jp/gp/... Ama...

Richie Beirachが77年にECMより発表したソロ・アルバム。至高の美しさに貫かれたピアノ・ソロ。 Amazonで見る http://www.amazon.c...

キース・ジャレットは1972年の夏ごろから、完全即興によるソロ・コンサートという画期的な試みを始めました。 その成果として、1973年のローザンヌとプレーメンでのステージ...

キースによる完全即興ソロ・コンサートの第一弾アルバム。初めて発売される形態の音楽であるにもかかわらず、いきなり2枚組だった。 しかし各方面の評価は高く、いまだにキースのソ...

1976年日本におけるソロ・コンサート・ツアーのライヴ録音6枚組ボックスセット。<ケルン~>以後のキースが次のステップへ向かっていく過程を聴く上で興味深い録音。 いわゆ...

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根...

ライブ・コンサートThe Koln Concert

  • (バスケ)

即興のピアニスト、キース・ジャレットの名作アルバム。音楽を聴いて涙が出てきたのは後にも先にもこのアルバムだけだ。こんな演奏が100年に一度でも生まれるのであれば、即興音楽...

携帯でこのページにアクセス

Keith Jarrett - Facing You

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14012

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ