関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

100ヒキメサルゲンショウ

100匹目の猿現象

船井幸雄の著書でこの現象のことを知りましたが、ライアル・ワトソンという方の著書で紹介されている現象のようです。
なんかわかりにくい名前ですが、要約すると、集団活動において特定の行動パターンをとる構成員の数が一定の臨海点を超えると、集団の中で常識として急速に定着するだけでなく、物理的に隔絶した場所にいる集団にも伝播する、というようなことらしいです。

...って書いてたら、トンデモ系だってことが判明。いままで知らなかったドンデモ系の世界ですが、すげー面白そうなのでちょっと深入りしてみましょー!

100匹目の猿現象

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
  • 2001/11/29更新
  • 2001/11/28登録
  • 2290クリック

このキーワードを共有する

コメント (12)

最新コメント5件

2001/11/29

ご隠居 狼に育てられた子供の話みたくすごくイマジネーションをかき立てられる嘘の話しってありますよね。教科書に載せるのはどうかと思いますが、話しとしては夢があっていいような気が...。

sogo 本当ならぜひ乗せるべきなのですが(帰巣本能の話とか、狼に育てられた少年とか)、ウソはまずいです。

ご隠居 ネッシーも嘘だったなんて寂しー

おが 夢がないのは寂しいですよねぇ。ただ、それをもっともらしく「カガク的」に仕上げちゃうと問題は大きくなるんでしょうねぇ。私だってコドモのころはUFOや宇宙人も信じていたし、ネッシーやイエティなどのUMOも信じてたし、実はいまでもいることを望んでいるんですけどねぇ

tomo ネッシーいるって信じ込んでしまえばその人個人の中では存在するわけですから、それはそれでいいのでは?布教活動やっちゃうとマズいと思うんですが。f(^^;;

つながりキーワード (4)

書籍水の惑星

  • (ハイパー田舎人)

「水の惑星―地球と水の精霊たちへの讃歌」 地球は水によって祝福されている。 こんな素敵な星の上にいたのかと改めて嬉しく思える。 筆者ライアル・ワトソン博士はちょっと変...

ライアル・ワトソン先生の本。 「それは科学的ではない」なんて頭から切り捨てるなんていう非科学的(笑)な態度をとることなく、今の科学では説明できないことについて、あくまで優しく語りかけ考えて...

トンデモ探究シリーズ(笑)第一弾! 本屋ではあまり見かけたことがありませんが、トンデモ系総本山かもしれない雑誌『ムー』。 UFOってのは知っていますが、UMA(み、未確認動物...)という...

1995年5月に「売れるわけがないでしょう」という出版社(洋泉社)営業の予想に反して、一気にベストセラーになり社会的にも結構話題に。続編も次々と出た本。 内容はいまさら...

携帯でこのページにアクセス

100匹目の猿現象

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14076

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ