関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

すいりしょうせつをかがくする

推理小説を科学する

探偵小説、推理小説に使われるトリックを
いくつか科学の目で分析してみました。

科学の目と文学の目、どちらでみても
すばらしいトリックはそうないでしょうね。
それより、文学性のためなら科学的に
間違ってもいいという意見は新鮮でした。

あるいみ私のバイブルです。

推理小説を科学する

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
詳細情報
  • 人名: 畔上道雄著
  • 発売元: 講談社ブルーバックス
  • 価格: 580円
  • 2001/11/28登録
  • 3028クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2001/11/29

おが あ、この本面白そうですね。探してみます。

つながりキーワード (7)

ヴァン・ダインの手による本格ミステリ。 ミステリファンの先輩から一度言われたことがある。 丁寧な先輩だったので、敬語だ。 「ミステリを今から読み始められるのなら、まず...

科学と聞いておもわずしりごみしたくなる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。科学とは実はエンターテイメントでもあるのです。このキーワードでは、そんな科学を体験できるキーワードを集めてみ...

科学の世界でもっとも権威ある雑誌「ネイチャー」「サイエンス」に発表された論文から、奇想天外な成果を選りすぐって書いたコラム集。 いぇーい。だれかの続編があればもっといいのに。

Japan Skeptics(「超常現象」と言われる現象を批判的・科学的に究明する学会)会長である安齋育郎博士(現在、立命館大学国際平和ミュージアム館長)が書いた本。 ...

世の中にはびこっている、いわゆる疑似科学について解説している本。人はどれだけ騙されやすいのかがよくわかります。文庫本で「奇妙な論理」と「奇妙な論理II」の2冊が発売されて...

1995年5月に「売れるわけがないでしょう」という出版社(洋泉社)営業の予想に反して、一気にベストセラーになり社会的にも結構話題に。続編も次々と出た本。 内容はいまさら...

エドガー・アラン・ポーによって創始され、1930年くらいまではおそらく「ミステリー」とみなされた唯一のジャンル。有能な探偵が事件を解いていくのであるが、「探偵が問題を解く前に読者が謎を見破れ...

携帯でこのページにアクセス

推理小説を科学する

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14078

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ