関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

コエニダシテヨミタイニホンゴ

声に出して読みたい日本語

「知らざあ言って聞かせやしょう。」

声に出してみるとな~んか気持ちい。この本いいですネ。「せりなずなごぎょうはこべら...」「春のうららの...」や「山のうごく日来る」「国破れて山河あり..」など、ホロリ系、しみじみ系、ビシビシ系、怖いもんナシ系など「歴史の中で吟味され生き抜いてきた名言・名文句」が並んでいます。各々その言葉の背景となるモノについて解説されていて、とても感動しました。

声に出して読みたい日本語

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

sa画像 投稿者:
sa
詳細情報
  • 発売元: 草思社
  • 価格: 1200円
  • 人名: 斉藤孝
  • 2001/11/28更新
  • 2001/11/28登録
  • 3682クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (8)

ベストセラー「問題な日本語」の脇を固めていたゆるゆるマンガの作者「いのうえさきこ」著による日本語解説本!かと思いきや、 『この本も一見「一連の日本語本」という風情ですが、...

高校の頃、漢文の授業で詩を吟じる先生がいました。朗々と響くその声はたいへん心地よいものでした。 朗読する時、言葉にリズムが生まれ、息づかい、声の高低、音の大小もが自ずと...

ここ数年、目が離せない存在になってきた NHK。企業名や商品名の露出に対して 寛容になってきたことが、いろんな意味で いい効果を生み出してきているのだと思います。 とり...

この本を読んで、ここ「関心空間」のシステムは、教育ツールとして非常に有効なんではなかろうか、と思った次第。 著者は、『声に出して読みたい日本語』で話題の斎藤孝氏。昨今、...

赤、青、緑の3色のラインを文章に引いていくことによって、日本語の読み方が変わる! という本。 方法は簡単、赤のラインをとても「大事なところ」に、青のラインを「まあ大事」な...

ノンカテゴリー

  • (たんぽぽ)

「声に出して読みたい日本語」(齋藤孝)が、芭蕉の項目で引用していた言葉。 座は「孤独を自覚する者同士が、日常性とは別次元の関係でつながり、生きる楽しみを共にする」場である。 そんな人々が句を...

   物心つくかつかぬのうちに「♪心優しラララ科学の子」を刷り込まれた私にとって,最大にして最高の詩人,谷川俊太郎の1978年までの作品をまとめたもの (正確には「正」は...

上達テクニック系。 上達のテクニックを自分のスタイルにするために三つの技術=「盗む力」「段取り力」「コメント力」を紹介。 実践するのは大変そうだけど、それも上達のため...

携帯でこのページにアクセス

声に出して読みたい日本語

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14154

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ