関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ヴァージナル

ヴァージナル

  • ヴァージナルの画像

16~17世紀イギリスで流行したハープシコードの一種。弦が鍵盤と平行に張ってある。音色がかわゆい。上品な深い響きがありながらも、ゲーム音楽の電子音にも似たトキメキがあります...。ディズニーランドのBaroqueHoedownみたいな。

ウィリアム・バードの曲さいこうです。LOVE!

ヴァージナル

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

sa画像 投稿者:
sa
  • 2001/11/29登録
  • 3018クリック

このキーワードを共有する

コメント (4)

2001/11/29

結城浩 バードの曲、私も好きです。

tomo あの当時のイングランドって、今でいうところのピアノのレッスンみたいのが流行ってて、それでコンパクトな鍵盤楽器が必要だったんです。ハープシコードだとデカいでしょ?

sa ナルホド!

2002/01/24

ohsamu 古い弦楽器という共通点で,ボクはハーディ・ガーディて楽器がスキです。吟遊詩人とかジプシーぽい雰囲気がステキ。

つながりキーワード (16)

ヨーロッパの古い擦弦楽器。 初めてこの楽器を意識したのは,Jimmy Page & Robert Plantの"Gallows Pole"のMTVライブ映像だったと思う...

ピアノの原型になっている楽器。 小学生時代から習ってましたが・・・ あの可憐な音色には、今でも心を奪われます。 リコーダー(たて笛)やギターとアンサンブルで、バロック音楽などをやっておりま...

イギリスの一般の方(といっても、クリエイター等が多い)のお宅を紹介するTV番組。 こだわりの装飾や、庭などが語られる。日本のお宅拝見と一番の違いは、新築の家があり得ないこと。歴史と土壌の違い...

イギリス民家にスティした友人は、度重なる紅茶責めに白旗モード。ところへ、その家の婆さまから「カプチーノ召し上がる?」の一言。 やっと紅茶以外のモノが飲める!と口にしたら、...

ミュージックDX-7

  • (ご隠居)

高校一年生の時、その美しさに惹かれ購入(ローン)してしまいました。ああ、その時から借金人生が始まった訳ですね(^^; はや20年...

僕が最初に買ったシンセはこれ。ストラップをつけてバリバリに弾いてました。軽かったし安かったし。コードを記憶する機能があるんだけど、これに短音を割り当てて(8音ポリモードな...

ミュージックRoland D-50

  • (maskin)

高校生の時,初めて買ったシンセキーボードがこれ。当時,大人気だったDX7IIの陰に隠れてたものの、Linear Arithmetic Synthesis音源方式が後世に与...

ミュージックタブラ

  • (熊蔵)

 インドのメジャーな打楽器。シタール等と組み合わせて演奏されるが、ポピュラーやロックなどでも利用されている。小さい方は木製だが、高めの金属的な音を奏でる。大きな金属性の物...

オーストラリアのアボリジニが作る神聖な楽器。女性は吹いてはいけない。この楽器で動物の鳴き声、風の音、川のせせらぎと自然界の音をすべて表現する。 空気を吸いながら楽器を鳴...

最近、チラホラ見掛けておったが、下北のビレッジ・バンガードで買うてしもた。あまりにカワイかったので、ユニオンジャックのオアシスモデルさっ。他にもレスポールやら、テレキャス...

ミュージックViolin

  • (shino.f)

ヴァイオリンというとクラシックを思い出すけれど、そのポータルな利便性、人間の声にジャストフィットした音色は、さまざまな音楽ジャンルと融合していっている。 クラシックはもちろん、Jazz、ア...

ミュージックCello

  • (konti)

今一番愛があります。低めの音も、Violinにはかなわないけど、ちょっと高めの音も。奥深い響がでます。Celloの音って一番人間の声に近いらしいです。オーケストラ等だとベ...

ねずみシリーズのミニしかけ絵本で人気があるイギリスの絵本作家。水彩の日常の生活シーンの描き込みがハートウォーミング。私は特にキッチンなど室内のディテールが好きです。

”アイ カーント”なんて、言われたらもうたおれちゃう。 果てしなく憧れてしまうこの発音。 たいがい日本で習う英語って"アメリカ英語"ですよね。だからUSに来た時、発音とかそんなに抵抗なかっ...

ビバルディ作曲。「バロック音楽の楽しみ」という早朝FM番組のテーマソング(Sonata II)。 たーらー、ららららーら、らーらら、らんらんらんらー、ららららららら…って歌ってもしょうがな...

イタリアバロックのオルガニスト・作曲家。彼のチェンバロ曲が大好きです。音がシンプルでかわいく、琴で奏でてもOKなんじゃないかっというワビサビを感じます。 グスタフ・レオンハルト「カプリッチ...

携帯でこのページにアクセス

ヴァージナル

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14283

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ