関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キヤノン TS-E 90mm F2.8

CANON TS-E 90mm F2.8

  • CANON TS-E 90mm F2.8の画像

キヤノンのレンズの中でもっとも使用頻度が高いレンズ。TS-E24mm F3.5Lと同じく、シフト・ティルトが可能。これがなくなると仕事ができなくなるくらい、私には重要なレンズ。

CANON TS-E 90mm F2.8

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

熊蔵画像 投稿者:
熊蔵
詳細情報
  • 価格: 185000円
  • メーカー: キヤノン
  • 発売元: キヤノン販売
  • 2001/11/29登録
  • 17499クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (10)

EOS D30でもっとも使用頻度が高いズームレンズ。17-35mmと広角系ズームだが、D30の場合は27.2~56ミリと、標準ズームになってしまうのが悲しい。 おまけに2...

年に数回使うか使わないかという使用頻度なのに持っていないとその時に困るレンズ。大きいので最近は一回り小型のEF70-200 F4Lの購入を真剣に考えてる。

普通の人はあまり使わないかも知れないが、私は結構使用頻度が高いレンズ。高価なレンズなので元を取らねばという意識もあるけど。 某社のWeb用の写真でこれを使ったブツ撮りが好...

昨年モデルチェンジした超音波モーター搭載のマクロレンズ。無限遠から1:1の等倍撮影まで可能。 インナーフォーカス採用により、無限遠と最短距離での鏡筒の長さが変わらない。 ...

御存知カール・ツァイスの35mmムービー用シネレンズ。アンジェニューのHDアダプタを使用することによってHDカメラで使うことができるようになった。こういったレンズの好まれ...

キヤノンEOSシリーズの資産が使える一眼レフタイプのデジカメ。CCDではなく、CMOSを採用しているため、消費電力が少ない。実際、バッテリー2本で1000枚近く撮影できる...

デザイン・写真・建築CANON EOS 7

  • (熊蔵)

CANONの一眼レフ、EOSシリーズの中級機。視線により、AFのセンサーを選択する機構は意外と便利。重量も軽く、機材を軽くしたいときに愛用。

2001年12月中旬に発売予定の400万画素クラスの一眼レフデジカメ。CCDサイズは従来の物よりも大きくなっており、レンズの焦点距離の約1.3倍になる。 CONTAXが6...

キヤノンの高級1眼レフ。今となっては一つ前のモデルだが、EOS-1Vの必要性を感じないため、今でも私のメイン機材となっている。 最近は年のせいか重く感じるので、スタジオワ...

私にとって無くてはならないレンズ。使用頻度はTS-E 90mm F2.8に次ぐ。 ピントはマニュアルだが、電子絞りによりAE撮影が可能。ティルトとシフトが使える広角レンズ...

携帯でこのページにアクセス

CANON TS-E 90mm F2.8

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14289

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ