関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

デキルヒトハドコガチガウカ

「できる人」はどこがちがうのか

  • 「できる人」はどこがちがうのかの画像

上達テクニック系。

上達のテクニックを自分のスタイルにするために三つの技術=「盗む力」「段取り力」「コメント力」を紹介。

実践するのは大変そうだけど、それも上達のため・・・(ふう)

「できる人」はどこがちがうのか

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

kazuya画像 投稿者:
kazuya
詳細情報
  • 価格: 700円
  • 人名: 斉藤孝
  • 2001/11/29登録
  • 2363クリック

このキーワードを共有する

コメント (3)

2001/11/29

kazuya まじめな本の割に薄いので、あっさり読んじゃいました。なんか声に出したい~の方につながる本な感じでしたよー>sa

kazuya む、よくみたらeviokさんの方でした。 せちがらい世の中で個人が上達のすべを身に付けるっていうコンセプトはとっても共感できたっすよ。(あえてもう一回コメント(^^;)

2001/11/30

sa なんか...ココでしゃべっちゃって..(笑)2人の空間、ブックマークしたよ!

つながりキーワード (5)

関心空間によって物欲を刺激されたモノ第1弾。斎藤孝著。 人が生きていくのに共通して必要なのは、「その人なりの上達論」を身に付ける事、としてさまざまな例を紹介し説明している。。 スポーツを例に...

ブック新書

  • (h12o)

昨日、僕は発見してしまった。僕は新書中毒なのである。 新書はほとんど全てが書き降ろしであり、サイズが揃っていて携帯に便利。しかも予算は1冊400円~900円、衝動買いを誘ってくれる。著者によ...

マリナーズの長谷川投手の書いた英語本。内容はタイトルソのまま。 英語本の類には一切手を出したことが無かったのだが、長谷川投手が記者会見で流暢な英語で笑いをとっていたのを見...

この本を読んで、ここ「関心空間」のシステムは、教育ツールとして非常に有効なんではなかろうか、と思った次第。 著者は、『声に出して読みたい日本語』で話題の斎藤孝氏。昨今、...

「知らざあ言って聞かせやしょう。」 声に出してみるとな~んか気持ちい。この本いいですネ。「せりなずなごぎょうはこべら...」「春のうららの...」や「山のうごく日来る」「国破れて山河あり....

携帯でこのページにアクセス

「できる人」はどこがちがうのか

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14477

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ