関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

じさつくらぶ

自殺クラブ

ボヘミアの王子フロリゼルとその腹心ジェラルディーン大佐は、ある酒場でクリーム・パイをお客に配っている若い男を見かけた。配るならまだしも、断られたパイを自分で食べてしまうのだった。

R.L.スティーヴンソンの最高傑作である中編「自殺クラブ」はぜひ読んでください。これ以上に何度でも味わいたい恐怖小説は読んだことがありません。

自殺クラブ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
詳細情報
  • 発売元: 福武文庫(他にいくつか出ております)
  • 価格: 460円
  • 2001/11/29登録
  • 2296クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (1)

私はこれに恐怖を抱きました。だれにって?もちろん にんじんにです。 それ以来、「ふつうの」恐怖小説が読めなくなりました。 だって、実生活には恐怖や悲劇がみちみちてることに 気がついてしまっ...

携帯でこのページにアクセス

自殺クラブ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14694

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ