関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

にんじん

私はこれに恐怖を抱きました。だれにって?もちろん
にんじんにです。

それ以来、「ふつうの」恐怖小説が読めなくなりました。
だって、実生活には恐怖や悲劇がみちみちてることに
気がついてしまったから。

にんじん

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
詳細情報
  • 発売元: 新学社文庫
  • 価格: 学校納入定価400円
  • 人名: ジュール・ルナール著、岸田國士訳
  • 2001/11/29登録
  • 1794クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2001/11/29

♪ダーティハリーの歌うのは石の背中の重たさだぁ

あ,知らないヒトには狂ったように見えるかもなので補足,↑は友部正人の「にんじん」という歌であります。

つながりキーワード (4)

文、佐々木たづさん 絵、三好碩也さん 昔よく読んでいた絵本。 北の国のクリスマスの話。 このシンプルな絵がやもたてもたまらず。好きで好きでしょうがなかった。さいきん読み...

TVゲームピクミン

  • (バスケ)

謎の生物「ピクミン」の助けを借りてロケットパーツを集めるゲーム。なんて言っても全然伝わらないだろう。なかなか不思議なゲームです。パズルのようなアクションのような育てゲーの...

民主主義を考察していくのですが、この人、どこまで行ってもシニカルで、暗いです。でも、民主主義を誠実に考えていくと、こうならざるを得ないことを学習しました。これをよんでから、民主主義を楽天的に...

ボヘミアの王子フロリゼルとその腹心ジェラルディーン大佐は、ある酒場でクリーム・パイをお客に配っている若い男を見かけた。配るならまだしも、断られたパイを自分で食べてしまうのだった。 R.L....

携帯でこのページにアクセス

にんじん

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14697

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ