関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ビークロス

BX[ビー・クロス]

  • BX[ビー・クロス]の画像

続編、リニューアル、リメイクが多い昨今のゲーム事情にあって、全く初見のタイトルに出会えるのはウレシイ。しかもデキがよければ尚更。
東京ゲームショウ2001でハドソンブースに足を運ぶまで、全く知らなかったタイトル。
配布されていたパンフレットに目を惹かれて、丁度前客がハケたのと同じタイミングでミニマルサウンドが耳に入ったので思わずチェック。
ナンだ、こりゃ!
見た目非常に今風のクール路線ですが、触った瞬間から「見た目だけじゃないゼ!」てな挑発が画面からコントローラから伝わってきます。
久しぶりに動かすの楽しいアクションゲームです。
Bダッシュとジャンプのタイミングが楽しいスーパーマリオは、そのダッシュ&ジャンプアクションを活かせるステージデザインの秀逸さがあると思いますが、まさにそんな感じ。
リアル世界とデジタル世界、ゲーム性の違う要素を盛り込んだおかげで「隠れながらの隠密行動」のリアル世界と、「ジャンプ・ダッシュ・ボムアタック」を駆使したデジタル世界のメリハリが出ています。
どちらの世界でも爆弾を使ったギミックが多いのはボンバーマンへのオマージュでしょうか。
「設置>爆発」のタイミングが子供の頃から染みついている「いつもの間」なのは有り難い。
どんなゲームでもマニュアル読まずに遊んでも、とりあえずAでジャンプできたあの頃を思い出しつつ。
かといってルックスも負けてないです。
カッコよくてクールなのに、なんとなく懐かしいキャラクターデザインはハリネズミにだって負けてない。
オープニングも付け焼き刃の「クール風味」ではない判ってるカッコよさ。
ちょっと残念なのはゲーム中のキャラクターとオープニング、パンフレットなどのメインビジュアルが随分かけ離れている事。
どうせならこの2D的雰囲気で統一したほうがより強烈な印象になりそう。
その点を差し引いても、この雰囲気をハドソンからリリースするというのは意欲的。
着ぐるみの地方ロケCMの時代はさすがに終わったのでしょうか。
期待の一本です。

昨年の東京ゲームショウで発表されて以来、音沙汰無しです。
ゲームショウでは「2月(頃)発売予定」だったのですが…。
期待しているだけに、待ち遠しい!

BX[ビー・クロス]

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

H/de.画像 投稿者:
H/de.
詳細情報
  • メーカー: ハドソン
  • 価格: 価格未定
  • 年(代): 2002.春
  • PLAYSTATION2
  • 2002/03/02更新
  • 2001/11/29登録
  • 1702クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (0)

まだキーワードがつながっていません。

携帯でこのページにアクセス

BX[ビー・クロス]

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14761

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ